月商50万円以上のショップに支持されるアプリは?2021年カラーミーショップ アプリストア・ベスト10を公表

ECのミカタ編集部

カラーミーショップを運営するGMOペパボは、月商50万円以上のショップに人気のアプリをランキング形式でまとめ、その内容を公表した。ここではその概要についてポイントを絞って見ていく。

カラーミーショップ アプリストア・ベスト10

◆第10位「お気に入り」

購入者の行動として「気になる商品をピックアップしておいて、あとで買う」というパターンが非常に多いと言われている。そこで必要となるのが、気になる商品を保存しておける「お気に入り」アプリだ。商品数が多いショップにおすすめとなっている(7日間無料お試しあり)。

◆第9位「Poster for カラーミーショップ」

Poster forカラーミーショップは、商品の再入荷をLINEメッセージで知らせることができる。商品の購入を希望している顧客が来店したときに、希望の商品が完売していると販売機会を損失しかねない。国内でも非常に利用数の多いLINEで再入荷を通知することで、こうした販売機会損失を防ぐことができる(30日間無料お試しあり)。

◆第8位「にぎわい演出」

直近の受注状況の一覧を表示したウィジェットを、トップページに配置できるアプリだ。「誰かが商品を買っている様子」「他の人が最近買った商品」を表示することで、ショップが賑わっている様子を表現でき、販売促進につなげることができる。人気商品のアピールとしても活用可能だ(7日間無料お試しあり)。

◆第7位「CART RECOVERY(カートリカバリー)」

カートに商品を入れたまま離脱した人に対して、メールを自動配信することでショップに呼び戻し、購入につなげられる。リカバリー購入があったときのみ利用料が生じる完全従量課金制なので安心して導入可能だ。初期費用や固定費が一切かからず、ショップ初心者にも安心して利用できる。

◆第6位「受注作成」

電話やFAX、実店舗での受注・顧客情報を手動で入力し、カラーミーショップで一元管理することができる。カート画面を使わずにスピーディーに対応できるため、電話越しに直接注文を受け付けることが容易になった。飲食店など、実店舗を持つ事業者に多く利用されている(7日間無料お試しあり)。

◆第5位「EFO CUBE for カラーミーショップ」

ネットショップで買い物をする際に必要な入力項目のわかりづらさを解消し、入力のストレスを軽減させることで購入離脱を防ぐことができる。EFO CUBE for カラーミーショップを導入することで「Yahoo!」や「Facebook」とのID連携ができるので入力の手間を省くことも可能だ。自動入力や入力支援機能を実装し、購入完了率を大幅に改善する。

◆第4位「WorldShoppingBIZ for カラーミーショップ」

WorldShoppingBIZ for カラーミーショップを導入することで、運営しているネットショップの商品を世界125カ国に販売できるようになる。海外ユーザーからの注文受付、商品購入代行、海外配送、カスタマーサポートなど、海外対応に必要な作業をすべて代行してくれるので、ショップオーナーが負担する作業はない。日本の伝統工芸品やアニメグッズや化粧品・サプリ、ファッションなど、幅広い業種で活用されている。

◆第3位「カスタムオプション」

商品ページにオプション情報を自由に追加できるアプリだ。オプションを表示する商品は、「全商品」「商品カテゴリ」「商品グループ」「商品ID」から指定できるので、表示・非表示の切り替えや内容の変更など手軽におこなえる。色や柄、サイズ、フレーバー、味などさまざまなオプションの設定ができるので、幅広い業種で使うことが可能だ。

◆第2位「再入荷通知」

品切れしている商品が再入荷したときに、通知を希望する購入者に一括で入荷通知メールを送ることができる。アパレル、アクセサリー、インテリア業界で多く利用されており、確度の高い見込み客に、ショップへの再訪を促す機能として人気だ(7日間無料お試しあり)。

◆第1位「Instagramショッピング連携」

昨年に引き続き1位は「Instagramショッピング連携」となった。個人で行うとわかりにくい連携作業が手軽にでき、商品を追加するだけでデータが自動連携されるので非常に利用率の高いアプリとなっている。カラーミーショップに登録している商品をFacebookカタログに連携し、Instagram ショッピング機能を利用できる。投稿したInstagramの写真に商品名や価格を表示し、直接購入ページへ誘導できるため購入率UPにつながる(15日間無料お試しあり)。

無料・有料合わせて55種類のアプリを公開

ショップの成長にあわせさまざまな機能を追加できる「カラーミーショップ アプリストア」。無料・有料合わせて55種類のアプリが公開されている。数あるアプリの中でも圧倒的な人気を集める「Instagramショッピング連携」をはじめ、月商50万円以上のショップに人気のアプリをランキング形式で紹介された。今後も手軽に使えて売上につなげることができるアプリは、多くのEC事業者のビジネスを後押しすることになるだろう。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事