【STAFF START×シルバーエッグ】ニトリ公式ECサイトでAIによる「コーディネートコンテンツ」のレコメンドを開始

ECのミカタ編集部

株式会社バニッシュ・スタンダード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小野里 寧晃、以下バニッシュ・スタンダード)とシルバーエッグ・テクノロジー株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長&CEO:トーマス・フォーリー、証券コード 3961、以下 シルバーエッグ)は連携し、株式会社ニトリ(本社:札幌市北区、代表取締役社長:武田 政則、以下ニトリ)にて、AIによるインテリアコーディネートのレコメンドサービスを開始した。

レコメンド × スタッフDX

スタッフDXのアプリケーションサービス「STAFF START(スタッフスタート)」を運営するバニッシュ・スタンダードとAI技術をベースとしたデジタルマーケティングサービスを提供するシルバーエッグは連携し、ニトリにて、AIによるインテリアコーディネートのレコメンドサービスを開始した。

アイジェント・レコメンダーは、シルバーエッグの提供する、独自に開発したAIアルゴリズムを搭載した、リアルタイム・レコメンドサービスだ。予測精度と処理速度の両面を担保した機械学習エンジンにより、サイトのアクセスや購買状況、各ユーザーの動線を「リアルタイム」に把握・分析し、一人一人の嗜好に合ったおすすめの商品を、瞬時に表示することができる。

またSTAFF STARTとは、店舗に所属するスタッフをDX化し、自社ECサイトやSNS上でのオンライン接客を可能にするStaff Techサービスだ。導入しているアパレル企業で最も利用されている「コーディネート投稿機能」は、店舗スタッフが撮影したコーディネート画像に商品情報などを紐づけてECサイトやSNSに投稿する機能で、その投稿を通じて商品紹介やコーディネート提案といった接客対応を行うことができる。また、スタッフの投稿を通じて達成されたEC売上は可視化され、スタッフ個人や所属する店舗の実績として評価に利用されている。

STAFF START+アイジェント・レコメンダー 連携サービス

AIレコメンドを含むコーディネート画面イメージ。コーディネートで使用されたアイテムと共に、AIの選んだおすすめコーディネートが表示される。

今回「STAFF START」をシルバーエッグのAIサービス「アイジェント・レコメンダー」と連携させることで、ニトリの公式通販サイト「ニトリネット」にスタッフが投稿した多様なインテリアのコーディネート画像(スタッフコーディネート)から、顧客一人ひとりの好み・関心に合うものをAIが選び出し、提案することが可能になったという。

「アイジェント・レコメンダー」は、既にニトリネットの商品レコメンドでも利用されており、サイト滞在時間の向上、CVRの向上などの効果を高く評価されているそうだ。今回のコーディネートレコメンドサービスは、ニトリネットの顧客が「自分のライススタイルを豊かにする」と思える商品との出会いを促進し、商品レコメンドと同様の効果が見込まれるとしている。

またニトリスタッフには、自分が投稿したコンテンツが評価されやすい環境を提供し、顧客とのコミュニケーションを通じたライフスタイル文化醸成の活性化にも寄与することになりそうだ。

バニッシュ・スタンダードとシルバーエッグは、これまでの協業実績を踏まえ、今回「STAFF START」と「アイジェント・レコメンダー」の連携サービスをリリースした。ニトリネットへの導入は、初の事例となる。

心躍る買い物体験を提供

株式会社ニトリ スタッフコーディネート導入チームリーダーのコメント

「ニトリでは価格や機能だけでなく色や柄、スタイルによってより快適な住まいをつくる『暮らしのコーディネート』提案に力を入れております。近年、SNSなどに投稿された画像を見たことがきっかけで商品を購入するお客様が増えており、購買の意思決定に画像が重要になってきております。ニトリネットにおいても今回のスタッフコーディネートの導入で、そのような買い物の仕方の変化に合わせたインテリアのコーディネート提案が出来ると考えました。

『STAFF START』と『アイジェント・レコメンダー』の機能により、お客様の好みに合う多数のコーディネート提案と、そこに紐付く多くの魅力的な商品を画像で直感的に紹介出来るオンライン接客が可能となりました。今後もお客様一人ひとりの好みを反映したコーディネート提案によって『住まいの豊かさ』と、心躍るお買い物体験を提供し続けたいと考えております」

「STAFF START」を介してサイト内に掲載されるスタッフコーディネートは、日頃から自宅でも愛用するなど、商品を深く知る従業員のクリエイティブな発想に基づいており、ニトリならではの付加価値の提案へとつながっている。

一方で、そのクリエイティブな発想を顧客に届けるためには、AIの支援が効果的だ。24時間、多様な地域からアクセスする顧客データを基に、高度な確率計算で最適なアイテムを提案する「アイジェント・レコメンダー」のAIは、インターネット上でスタッフと顧客を結び付け、心躍るビジネスと買い物体験の実現を支援することになりそうだ。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事