トランスコスモス、ECサイト向けレビューマーケツール『YOTPO』の提供開始

ECのミカタ編集部

トランスコスモス株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、以下「トランスコスモス」または「同社」)は、株式会社ギャプライズ(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:甲斐亮之)と提携し、ECサイト向けレビューマーケティングツール「YOTPO」の提供を開始した。

UGC活用でECサイトの収益拡大を支援

トランスコスモスは、ギャプライズと提携し、ECサイト向けレビューマーケティングツール「YOTPO(ヨットポ)」(開発元:YOTPO社、本社:イスラエル、代表取締役CEO:Tomer Tagrin、以下「YOTPO」)の提供を開始した。

YOTPOは、世界200,000サイトに導入実績があり、ユーザーの商品購入やサービス体験の意思決定を後押しするレビューマーケティングを効率よく加速させることでECサイトの収益拡大を支援するマーケティングツールだ。同社は、今回の提供開始を通してレビューなどユーザーが作成するコンテンツを効率的に収集・活用することでECサイトの収益拡大を支援するとしている。

ShopifyとYOTPOの連携メリット

トランスコスモスは、世界175ヵ国以上、数百万以上の店舗に利用されているマルチチャネルコマースプラットフォームShopify(ショッピファイ)のShopify Plus パートナーであり、ShopifyとYOTPOの連携で、下記の効果的なレビューマーケティングが実践できるとしている。

▷注文情報の連携が簡単に行え、収集率が高い独自機能付きレビュー依頼メールを自動送信できる。

▷ECサイトに掲載する一般ユーザーが作成したレビュー・写真・動画コンテンツにも、カートボタンが設置でき、商品詳細ページに移動せず、すぐに購入できる

▷レビューの表示速度を高速化し、ユーザーの離脱による機会損失を防げる。

▷Shopifyで商品情報を更新すると、YOTPOの商品カタログに自動反映され常に最新の状態を保つことができる。

▷適切なメッセージを適切なタイミングでユーザーに届けるLTV向上施策に有効なSMSマーケティング機能が利用できる。

UGC活用のハードルを下げる

公表に際して同社では次のように述べている。

「ユーザーが作成するレビューは、消費者の共感を生み出し購買行動に影響を与えるコンテンツとして注目されており、トランスコスモスが発表した『消費者と企業のコミュニケーション実態調査 2021』では、購入を決めるきっかけとしてレビューが49%と最も高く、その価値はますます高まっています。レビューマーケティングの課題として、収集や許可取得、管理、効果検証といった業務の煩雑さが障壁となり、取り組みを進められない企業が少なくありません。

YOTPOは、それら障壁を取り除くほか、Googleの有料検索やオーガニック検索、SNSと連携し、さまざまなマーケティングチャネルへ一般ユーザーが作成するレビュー・写真・動画コンテンツを活用することで、SEOやCVR向上、広告のクリック単価削減などシンプルでコスト効率よくECビジネスの収益を改善できます。さらに注文情報と連携することで自動送信するレビュー依頼メールは、ユーザーがログイン不要でストレスなく入力できることや、データ分析をもとに最適化することができるため、レビュー収集率の向上も実現できます」

同社も述べているようにUGCの活用は重要度が高まっている。一方でUGCを各事業者が活用するには、マンパワーの問題などから一定のハードルがあることも事実だ。今回、Shopify Plus パートナーでもあるトランスコスモスが、ECサイト向けレビューマーケティングツール「YOTPO」の提供を開始したことで、その活用のハードルを下げ、ECサイト収益拡大の支援がさらに加速することになりそうだ。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事