【BASE】『グロースプラン』の提供開始へ 月商17万円を超えると手数料がお得に

ECのミカタ編集部

BASE株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役CEO:鶴岡 裕太、以下「BASE」または「同社」)が運営する「BASE」は、「グロースプラン」の提供を開始する予定であることを公表した。

売上規模が大きくなっても使いやすい

BASE株式会社が運営するネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」は、ショップの売上規模が大きくなっても使いやすい「グロースプラン」(決済手数料2.9%+月額サービス利用料5,980円)を4月18日(月)より提供を開始する予定であることを公表した。4月18日(月)より、ショップの売上規模に合わせて従来の料金プランまたは「グロースプラン」のいずれかを選択できるようになる。

◆「グロースプラン」概要

提供開始日: 2022年4月18日(月)※予定
対   象: 「BASE」加盟店
手 数 料: 決済手数料2.9%+月額サービス利用料5,980円

新料金体系「グロースプラン」とは

「BASE」は、さらなる加盟店の成長を後押しすることを目的として、先述のように新料金体系「グロースプラン」を4月18日(月)より開始する予定だ。 「グロースプラン」では、機能はそのままに、決済手数料2.9%+月額サービス利用料5,980円で「BASE」を利用できる。

従来の料金プランは、個人やスモールチームがリスクなくネットショップを開設できるように初期費用・月額費用は無料で、商品が売れた際のみ手数料が発生する料金体系だが、「グロースプラン」は売上規模が拡大した「BASE」加盟店の成長をさらに後押しするため、月額費用が発生する一方で決済手数料を従来の料金プランよりも引き下げた料金体系で、ノーリスクでネットショップにチャレンジしたい事業者にも、売上規模が大きくなった事業者にも利用できるとしている。

月商17万円を超えると手数料がお得に

また同プランでは、既に「BASE」を利用している加盟店の場合、ショップの売上規模が月商17万円を超えると従来の料金プランよりも手数料を抑えられるため、その分の費用を商品の開発や販促、仕入れなどに還元することで、ショップのさらなる成長が見込めるとしている。

2022年2月に実施された「直近1年以内にネットショップを開設する際に利用したネットショップ作成サービスの調査(調査委託先:マクロミル)」において、ネットショップ開設実績5年連続No.1を含む4部門において1位を獲得したBASE。今回の新プランの登場によって、さらに選ばれるECプラットフォームへと進化することになりそうだ。

ECのミカタ通信23号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事