【フューチャーショップ】流通額が昨対比105%の456億円に(2022年1月〜3月)

ECのミカタ編集部

株式会社フューチャーショップ(本社:大阪市北区、代表取締役:星野 裕子、以下フューチャーショップ)が運営するSaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」シリーズの2022年1月〜3月(2021年度4Q)の流通額は456億円、昨対比105.17%であったことを公表した。

2022年1月〜3月期調査結果概要

グラフ1:年度別futureshopシリーズ流通総額

流通額は昨対比105.17%と増加。前年の2021年1月〜3月は昨対比154.22%と急拡大し、2022年1月〜3月はそこからさらに増加。新規EC利用も昨対比121.60%と継続して増加し、決済方法は現金利用が減少。8割近くがキャッシュレスにて決済していた。

なお2022年1月9日〜3月21日の間に各地域で第2回まん延防止等重点措置を実施されて巣ごもり機会が増加。前年2021年の1月8日〜3月21日は第2回目の緊急事態宣言下にあり、2021年と2022年はほぼ同じ日数、巣ごもり状態だった。

キッズ・ベビー・マタニティが昨対比300%超

1年以上継続利用している店舗に限定して流通額を調査し、上位5業種の昨対比をまとめたのが表1だ。今回の調査では、「キッズ・ベビー・マタニティ」が前年同期間比300%越えと、大きな伸びが見られた。特にこの2年間は巣ごもりの影響もあり、この業種はEC利用が大きく利用が進んだ。

また、「レディースファッション」「下着・ナイトウエア」「バッグ・小物・ブランド雑貨」などのアパレルEC、「医薬品・コンタクト・介護」の生活必需品が上位に来る結果となった。

[表1:流通額昨対比TOP5]

業種/流通額昨対比(1月〜3月平均)
▷キッズ・ベビー・マタニティ…354.76%
▷レディースファッション…291.58%
▷下着・ナイトウエア…266.65%
▷医薬品・コンタクト・介護…236.65%
▷バッグ・小物・ブランド雑貨…202.56%

EC利用状況調査

下記の4項目について、期間中の生活者のEC利用状況を調査している。調査対象は、2021年・2022年1月〜3月、各月の注文件数が100件以上の店舗の中から500店舗を無作為に抽出。なお前回までのプレスリリースで調査した店舗とは異なる店舗構成となっている。

・注文件数の変化
・購入単価の変化
・新規顧客利用状況
・決済手段の変化

◆注文件数の変化

PCのみ・スマートフォンのみでの販売店舗が母集団にあったため、それらを除く497店舗を対象に調査している。対象店舗の注文件数は下記表2の結果のとおり、すべてのデバイスにおいて増加した。2022年1月〜3月期では、デバイス全体の注文件数は昨対比115.02%だった。

[表2:各月注文件数の昨対比推移]

デバイス/2022年1月/2022年2月/2022年3月
▷デバイス全体…113.69%/116.08%/115.30%
▷スマートフォン経由…118.91%/122.64%/122.01%
▷PC経由…105.14%/105.18%/103.57%

◆購入単価の変化

これまでの調査と同じく、両デバイスとも上昇していた。

[表3:購入単価の変化]

経由/2022年1月/2022年2月/2022年3月
▷スマホ経由購入単価(昨年同月比):105.36%/105.63%/103.78%
▷PC経由購入単価(昨年同月比):106.80%/108.43%/106.55%

また各店舗のPC経由購入単価を1とした際のスマートフォン経由購入単価を算出し、平均にならした結果、スマートフォン経由の決済はPC経由よりも低く、これまでの調査と変わりなかった。

◆新規顧客利用状況

新たに会員登録された顧客の利用を新規利用とみなし、各店舗の平均増加率を月ごとに調査した結果が下記表5だ。なお、下記の店舗は調査対象から除外している(n=493で調査)。

「会員機能を利用していない」…会員を限定して販売している(社内向けにクローズドで販売、BtoBとして利用など)期間中、futureshop omni-channel開始により実店舗の会員をECにも登録(大量の店舗既存会員がEC新規会員として登録されるため)。

期間平均は昨対比121.60%と、昨年同時期の調査からさらに新規利用が増加した。これまでの巣ごもり状況から今後は外出機会が増え、街に人が戻ってくる状況を考えるとEC購入者の実店舗への誘導を始めとした実店舗EC連携、リピート購入促進など、新規利用以外の施策がさらなる成長のポイントとなると推測している。

[表5:新規顧客利用増加率(昨年同月比)]

2022年1月/2022年2月/2022年3月
▷増加率:116.08%/123.66%/125.05%

◆決済手段の変化

利用された決済方法を「クレジットカード」「ID・QR決済(Amazon Pay、楽天ペイ(オンライン決済)、Apple Pay、PayPay、d払いなどのキャリア決済)」「現金・その他決済(店頭払いや後払い、銀行振込やコンビニ払いなど)」の3つに分け、各月の総注文件数を1とした結果が下記のグラフ1だ。

グラフ1

前回の調査と同様、クレジットカード利用の割合はほぼ変わらず。ID・QR決済利用が増加し、現金利用が減少していた。また決済方法を3つとも提供している店舗に限定して(n=348)調査した結果、キャッシュレス利用が全体の8割近くを占める結果となり、ID・QR決済利用が1/3を超えていた。前回の調査と対象は違えども、ECでもID・QR決済利用が進んでいることになる。

最後に、表6は決済方法を3カテゴリーすべて提供している店舗に限定した各決済手段の成長率だ。決済手段別では「ID・QR決済」利用が伸び、「現金・その他決済」は縮小という結果になった。

[表6:各月決済手段の昨年同月比(件数)]

決済手段/2022年1月/2022年2月/2022年3月
▷クレジットカード…107.63%/99.33%/102.51%
▷ID・QR決済/117.69%/111.85%/113.44%
▷現金・その他決済/91.31%/82.82%/92.96%

サマリー

このように今回、同社は「futureshop」シリーズの2022年1月〜3月(2021年度4Q)の流通額は456億円、昨対比105.17%であったことを公表した。また2021年度の流通総額は1850億円(前年度比108.95%)だった。EC利用が1.5倍と急激に増えた2020年度からさらに増加し、生活者のEC利用が定着・拡大していることがうかがえる。

さらに2021年度末のfutureshopシリーズ稼働店舗数は2900となり、1店舗あたりの流通総額も増加した。決済方法は現金利用が減少し、8割近くがキャッシュレスにて決済していた。同プラットフォームのみならず、EC市場そのものが継続して成長し、なおかつ消費者の生活の中に定着している様子が可視化された調査結果と言えそうだ。

ECのミカタ通信23号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事