浪速運送がEC事業者向け発送代行「ピタロジ」をリリース、サービス内容のカスタマイズにも対応

ECのミカタ編集部

浪速運送株式会社(本社:大阪府大阪市西区、代表取締役:東宏剛)は、新しい物流サービスとしてEC・通販事業者向けの新事業、発送代行サービス「ピタロジ」を新設。総合物流会社だからできる幅広いオプションサービスと中小規模、個人事業主など、事業者のニーズに合わせてサービス内容もカスタマイズ対応できるワンストップサービスを提供開始すると発表した。

「ピタロジ」サービスリリースの背景

国内EC市場は拡大を続けており、新たにEC事業に参入する企業も年々増えている。一方、EC事業を始める際、また事業を続けていく上で必要となってくる「発送作業」にボトルネックを感じている企業は多く、自社のオフィス内で自社の人員でピッキングや梱包をしているケースもある。

そういった方法では、発送作業に多くのリソースを使わざるを得なくなり、売上拡大のための新たな施策を行う余裕がなくなってしまうという課題がある。こうした現状を踏まえ、同社は今回、EC・通販事業者向けの発送代行サービス「ピタロジ」の新設に至った。

導入企業向けに全国の物流倉庫を特別価格で提供

ピタロジ導入企向けに、全国にある浪速運送の物流倉庫を特別価格で利用できるサービスも用意。浪速運送の物流倉庫では、通常ではtoB向けの大規模商流でないと利用できないような物流機能を、中小規模/今後規模拡大を図っていきたい事業者も利用することができる。

ただ発送するだけでなく、付加価値としてささげ業務やギフト梱包、アパレル商材などで発生する裾上げ等のお直しサービスにも対応可能だという。

「ピタロジ」サービス特徴

「ピタロジ」のサービス特徴や導入メリットは以下の通りだ。

・アパレル物流において圧倒的なインフラと実績を保有。そのインフラをブランド立ち上げ時や商流規模によらず活用可能
・運送会社だからできる格安の発送費。初期費用も格安
・アパレル物流の長年の経験を生かし、作業が丁寧でギフト発送も可能
・全国にある立地と最新のWMSシステム。海外への発送可能
・「ささげ」業務、「QC」業務も100%サポート
・従量型料金で明朗会計

導入にあたっては、最短1ヶ月で現状倉庫の切換え、新規事業立ち上げ前(検討中)、個人・法人問わず、利用者の要望に合わせて最適な物流提案をするという。

浪速運送はアパレル物流・ファッション物流・ハンガー輸送のパイオニアで、2024年に創業100年を迎える。手間のかかるささげ業務や裾直し等にも対応する、かゆいところに手が届くサービス内容で、特にアパレル系商材を扱うEC事業者にとっては頼れる存在となりそうだ。

ECのミカタ通信23号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事