EC特化のノーコードツール【TēPs】新たにDropboxと連携

ECのミカタ編集部

テープス株式会社(本社:神奈川県茅ヶ崎市、代表取締役:田渕健悟、以下「テープス」または「同社」)は、同社の「TēPs(テープス)」において、新たに Dropbox と連携を開始したことを公表した。

EC特化のノーコードツール

テープスは、EC に特化したノーコードツール「TēPs(テープス)」において、新たに Dropbox と連携を開始した。また連携と同時に新たな機能もリリースされた。TēPs は、APIを介してECモール、受注管理システム、Googleスプレッドシートやチャットツールなど、日々の業務で利用するさまざまなサービスや機能を自由に組み合わせ、プログラミングの知識や経験がなくても、自社独自の業務を自動化するツールが作成できる。

◆特徴
▷プログラミング知識がなくてもデータを自由に扱える
▷それぞれの EC サイトの運用に合わせた細かな条件設定が可能
▷ビデオ会議による導入支援や、メール・Slack などによるサポート

TēPs 新機能について

Dropboxの指定したフォルダにファイルを自動でアップロードすることができる。たとえば、ネクストエンジンや楽天市場の注文情報をGoogleスプレッシートに書き出し、CSVファイルに変換してDropboxに自動でアップロードすることが可能となる。

EC運営を効率化

公表に際して同社では次のように述べている。

「ECの運営では、システム間でデータの受け渡しが必要な場面が多くあります。たとえば、ネクストエンジンや楽天市場などの売上データを自社の売上管理システムに取り込む場合です。この場合、ネクストエンジンや楽天市場の管理画面から売上データをCSVファイルでダウンロードし、自社システムにアップロードするという作業が定期的に必要となります。このような作業を自動化することにより、事業者の作業負担を減らすだけでなく、ヒューマンエラーや作業の属人化を防ぎ、EC運営の効率化に貢献します」

同社も述べている通り、ECを運営するにあたって、さまざまなツールを活用することは、当たり前の状況となっている。そのことで円滑な店舗運営やマーケティング、売上向上へとつなげることができるが、異なるツール間においてデータを手作業で移行させる必要が生じることも少なくない。こうしたデータ移行を自動化できる今回の連携は、業務の効率化を通してECビジネスを力強く後押しすることになりそうだ。

ECのミカタ通信23号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事