潜入レポート!楽天が提案する“カレー”なるお中元。

石郷“145”マナブ(編集長)

楽天「ご当地カレー百景!」で日本を“カレー”に魅せる!

 会場内に響く「美味しい」のひと声。数々のカレーを堪能し、満足げな一般消費者のものだった。楽天株式会社(代表取締役会長兼社長 三木谷浩史 以下、楽天)は一部の消費者を集めて、東京渋谷区の外苑前アイランドスタジオで、カレーの試食会を行い、記者も潜入させていただいた。この試食会における楽天の真の狙いは、どこか。それは、「カレー」を楽天市場における「今年のお中元商品」として提案したい、という意向にある。

 実際、中元・歳暮の市場は約6兆円と言われ、例年横ばい。ところが、楽天市場における中元の流通の伸びは、中元特設サイト開設して以来、10年間で18倍の伸びを示している。一方、カレーは6〜8月の夏場で売り上げが一気に伸びる商材で、ピーク時の売り上げは過去6年で3倍以上に拡大している、という。中元のニーズに答えつつ、その時期に一気に売り上げが伸び、お客様に求められているものとして、カレーの実績に着目し、「カレーにお中元を」という結論にたどりついたのだ。

フードコーディネイター渡邉未央さんのユーモア溢れるカレーな作品など

 どんな商品があるのだろうか。例えば、北海道の流氷カレーは海の香りがするようで、日本ならではの雰囲気がしっかり醸し出されている。それぞれのカレーは、そのテイストによって味が異なるものの、素材であったり、旨味であったり、それぞれの個性を失わず、魅力を提供しており、そのカレーの万能ぶりに、ただ脱帽。他にも「戸紀屋 こだわり牛すじカレー」は、プルプルした牛すじが口の中でとろけるように広がり、まろやか、美味しいものが多い。

 さらに面白い試みとして、楽天で売られているご当地のカレーを使って、その地方に風景をモチーフにした、ランチプレートを披露した。このプレートは、フードコーディネイター渡邉未央さんによって考案されたもので、会場内で大きな反響を集めていた。渡邉さんは「その地方の風景を思い浮かべて、構想2週間。食材のヒント

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

石郷“145”マナブ(編集長)

メディア編集部 ゼネラルマネージャー。キャラクター業界の業界紙の元記者でSweetモデル矢野未希子さんのジュエリーを企画したり、少々変わった経歴。企画や営業を経験した後、ECのミカタで自分の原点である記者へ。トマトが苦手。カラオケオーディションで一次通過した事は数少ない小さな自慢。

石郷“145”マナブ(編集長) の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。