世界最大ハンドメイドEtsyが無料プログラム開催!

ECのミカタ編集部

個人出店者向け、無料プログラム1月25日開催

世界最大のハンドメイドECサイトであるEtsyが1月25日より、無料オンラインプログラム「Etsyスタート2016」を開始するとし、このプログラムへの参加者を募っている。

Etsyとは、世界中から集まった人々がオンライン、オフラインでつながり、ここにしかない商品を制作、売買するマーケットプレイスでアクティブバイヤーは2170万人、販売中のセラーは150万店に上るという。

現在「Etsy日本語版」は準備中となっているが、サイトは日本語・日本円に対応しており、日本人も不自由なく利用できるようになっている。

「Etsyスタート2016」では、Etsyショップをオープンするまでの過程を無料でナビゲートしてくれる。ハンドメイドのペットグッズのお店を運営する白髪麻衣子さんとネイルアートショップを運営する藤井綾さんの2人がナビゲーターとなり、4週間かけてショップ運営を学ぶことができる。

内容は予習プログラム「Etsy スタート 2016 を始めよう」、1週目「商品写真を極める」、2週目「商品名、タグ、商品説明を使いこなす」、3週目「独自のブランドを構築する」、4週目「Etsy ショップのマーケティング」とされている。

無料で参加できるので、記者も参加してみよう!ということで早速登録してみた。簡単なアンケートに回答すると登録が完了。このような可愛らしい登録完了メールが届いた。

このメールで、予習プログラム「Etsy スタート 2016 を始めよう」に誘導される。1月25日から始まる本プログラムを最大限に生かすための準備として下記のような項目が示されている。

I. 制作を始める
II. ショップの名前を決める
III. ショップを設定する
IV. PayPal(ペイパル)アカウントを開く
IV. 夢を描く(そして目標を設定する)

これらを準備してプログラムを受ければ、しっかりショップ運営を始められるということだろう。

個人間でのやり取りが一般的なものとなり、個人で出店する人、または出店を検討する人が増えている。出店自体は簡単なのだが、いざ運営するとなると”商品撮影”、”SEO対策”、”ブランディング”、”出荷管理”など取り組まなければならない課題は沢山あり、なかなか出店に踏み切れないという人も多いのではないだろうか。今回の無料プログラムは、基本的なノウハウを身に付けるには非常に良い機会だと思う。

今回のプログラムは、そんな出店をためらう人の背中をそっと押し、Etsyの出店店舗を増やすことを狙ってるのだろう。記者もこのプログラムに参加し、続報をお届けする予定だ。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。