スマホにおける動画再生は縦がキテる!

ECのミカタ編集部

 

 動画コンテンツの制作を行っているモバーシャル株式会社(以下、モバーシャル)が20代〜50代のスマートフォンで動画見ると回答した男女700名に対して「スマートフォンの動画視聴実態調査」を行った。現代人はスマートフォンで動画を視聴する際、どのような方法を使うのだろうか。また、今ECサイトにおいて商品を写真だけでなく動画で見せるコンテンツも増えてきている。スマートフォンの動画再生のされ方が、今後ECサイトの商品の見せ方にどのように関わってくるのだろうか。

スマホ動画視聴は縦が主流なのか。

 上の表は「1分以内の動画をスマートフォンで見ると回答した人の動画視聴時の端末の向きについて」の調査である。スマートフォンでWeb動画を視聴する際の動画一本の長さについて質問したところ、全体の35%の人が最も視聴する動画は1分以内と回答した。また、その中でスマートフォン動画を縦向きのみで視聴する人は約4割の39%にも上った。

なぜ縦向きで再生するのか。

 スマートフォン動画が縦向きで最適化されていることのメリットについての質問に対しては、63名が「片手で見やすいから。」「片手で操作しやすいから。」と答えた。「見やすい」「持ちやすい」などの意見を含めると全体の約33%が縦型動画についてメリットを感じていた。

スマホ視聴する際の環境とは。

 スマートフォンでWeb 動画を視聴する際の環境についての質問では、「ベッド/ふとんの中」が半数以上と最も多かった。次に「テレビを視聴中」が3 割以上である。3番目に「電車内」がランクインしていることから、ユーザーは、空いている時間に動画を見ていることが明らかになった。

ECサイトにおける商品の伝え方

調査の結果、スマートフォンの動画を縦向きで視聴している人が増えていることが明らかになった。その理由としては「片手で視聴できる」「操作がしやすい」などがあり、スマートフォン特有の片手での操作ニーズがあることが判明した。空いている時間に動画を視聴する「ながら視聴」が増えたことで、手からスマートフォンを持ち変えることなく動画再生することができることも大きな要因となっている。また女性は男性に比べて手が小さいため、「ながら視聴」する際は縦再生して片手で持った方が楽なはずだ。

ECサイトにおいて、商品を見せる動画はそう長くならないだろう。1分以内の場合、縦動画に最適化させた方がより多く再生されるはずだ。ECサイトこだわりの商品は写真よりも動画で紹介した方が、商品の良さが伝わる。こだわりポイントを最大限アピールするためにも、消費者の動画ニーズを読んでそれに応えていくことが必要になってくる。あなたのECサイトは商品の良さを最大限伝えられているだろうか。またそれを伝える手段を今一度考えてみるのもいいかもしれない。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事