スマホでEC活用!が伸びを示す中Apple Payで、次世代の購買体験を提供

ECのミカタ編集部 [PR]

 株式会社フューチャーショップ 代表取締役 星野 裕子
 2002年に京都のサーバー・ホスティング事業会社であるフューチャースピリッツにジョイン。入社と同時にFutureShopの企画・開発を開始し、翌年の2003年10月に前バージョンである「FutureShop」をリリース。2006年11月には現バージョンである「FutureShop2」をリリースし、2010年3月にフューチャースピリッツから分社。株式会社フューチャーショップを設立、代表取締役に就任。

 スマホを使ったオンラインショップ利用が、PCベースのそれを上回る勢いを示す昨今。モバイルコマース時代の新しい購買体験を提供すべく、FutureShop2で、Apple Payの利用が可能に。9月20日にシステムバージョンアップ、10月23日に申込開始となった。

 Apple Payがもたらす次世代の購買体験について、株式会社フューチャーショップの代表取締役星野裕子氏にお話を伺った。

オンラインショッピングの中心デバイスは、PCからスマートフォンへ完全シフト

 FutureShop2シリーズを利用している2200店舗超のデータによると、2017年の第2四半期に、スマートフォン経由の受注額割合が過半、51.41%を記録するに至っています。受注件数ベースでいえば、59.10%にも達し、今後ますますスマートフォンが、オンラインショッピングにおいて、その存在感を増すことは、想像に難くありません。

 少し前までは、スマートフォンによるアクセスはあっても、コンバージョンには至らない、というのがスマートフォンにおけるECの利用状況でした。しかし、現在ではスマート

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事