トータルサポートでコスト削減!広告から物流の一気通貫サービスを行なうプランクトンR

ECのミカタ編集部 [PR]

株式会社プランクトンR 営業部 部長 藤森 潤司氏

集客のための広告・プロモーションをサポートしてくれる支援企業や、既存顧客のLTVを向上させるCRM戦略をサポートしてくれる支援企業、そして物流サービスを提供してくれる支援企業はいくつもある。
しかし、これらの業務サポートを一気通貫でみてくれる支援企業は決して多くはない。

本稿で紹介する株式会社プランクトンRは、そうした希少な支援企業である。集客というフロント業務から、商品発送を含む物流というバックエンドの業務までを一元的にアウトソーシングできることのメリット等について、該社の営業部 部長 藤森 潤司氏に詳しく伺った。

単品リピート通販の事業計画立案から広告・プロモーション支援、CRM、そして物流までをトータルサポート

プランクトンRのEC/通販支援サービスは、通販事業者としての実地経験に基づいた通販事業すべての業務領域をカバーしている。

2011年に設立されたプランクトンRは、EC・通販事業の広告代理業を軸に躍進し続けている。健康食品・化粧品などの商材を扱う単品リピート型のEC・通販分野に強みがあり、取引先企業は、大手通販企業が中心だ。

「当社の代表は、もともと、健康食品を扱う大手通販企業のプロモーションを手掛けていました。そこで培ったノウハウと知見を武器に、2011年に独立して、プランクトンRをスタートさせたのです。特に単品リピート型といわれる事業形態のEC・通販に関するノウハウが豊富で、数多くの大手EC・通販企業様をクライアントとして、長くお付き合いいただいています。

EC・通販に必要となる広告や販促ツールなどの開発はもとより、事業のご提案や、CRMのサポートなど、多面的にお手伝いさせていただいてきました。そして、今年(2018年)から、通販物流に関する様々なサポートを新たなサービスアイテムとして加えました。

広告やプロモーションについては、すでに高いご評価をいただいており、またCRM施策などの企画・展開をサポートさせていただくことも多いのですが、そうした展開の中で、最終的にお客様に商品をお届けする“物流部分”も一気通貫にサポートすることで、EC・通販事業者様の売上拡大やフルフィルメント・コストの適正化などに大きく貢献できることがわかってきたのです。そこで、通販物流に関するサービスを拡充させたのです」と藤森氏は、プランクトンRが通販物流分野へ進出した背景を説明する。

フロントとバックヤードの多角的視点から、EC運営における課題を解決しコストを最適化

プランクトンRで物流事業を統括する藤森氏も、以前は、大手の通販物流企業で20数年にわたって物流を担ってきた実績をもつスペシャリストである。

「私自身、長く通販物流に携わってきた経験がありますので、EC・通販の物流に関するソリューションのご提供という点では、必ずやお役に立てるという自信はあります。ただ、最近のEC・通販事業を取り巻く環境に鑑みると、物流という単一機能だけを取り上げて、改善をする、コストダウンを図る、といっても限界があります。多くのEC・通販事業者様は、広告やプロモーションはA広告代理店、物流はB社というようにアウトソーサーを単一機能で切り分けていると思いますが、それだと、今後の競争ステージでは優位に立つことが難しくなっているということです。

当社は、集客・プロモーションから、商品配送までを一気通貫でサポートすることで、EC・通販のフルフィルメント全体の中で、効率化すべきポイントを効率化し、コスト削減すべきところをコスト削減するという、トータルでのご支援に強みがあります。ですから、EC・通販事業者様が抱える課題について、課題がある部分だけを近視眼的に捉えてサポートするのではなく、全体最適を図ることができるのです。

また、物流に特化したソリューション提案についても、当社では、物流分野の多様なパートナーがいるので、EC・通販事業者様の事情やご要望に応じて、最適なソリューションを組み立てられます。そこも、大きな強みのひとつであると自負しています」と藤森氏は自信を覗かせる。

フロント業務を極めたプランクトンRだからこそできる、バックエンド業務までの一元的サポート

実際のオペレーションは個別に得意とするパートナー様と共同でソリューションを提供。全体最適の「目利き」を行なった上での提案・支援が大きな強みだ。

確かに、EC事業展開で必要になる機能は多種多様で、外部にアウトソーシングすることで業務の効率化を図るといっても、各機能ごとに求められる専門性が異なるために、どうしても、広告・プロモーションは広告代理店、物流は物流会社、というように複数のアウトソーサーに協力を仰ぐというのが、これまでの一般的なアウトソーシングのあり様だった。しかし、それだと、単一機能内では業務を効率化できたとしても、窓口が複数化するので、管理業務自体はむしろ煩雑になりがちだ。プランクトンRなら、ワンストップでフロント業務からバックエンド業務までをサポートしてくれるので、管理も効率的となる。

「例えば、商品発送時に、販促物を同梱するEC事業者様は多いと思いますが、販促物の制作は広告代理店などに依頼し、その封入オペレーションは物流会社に依頼します。広告代理店では、自分たちが制作したツールがどういう使い方をされるのかを現場レベルで確認することはできず、物流会社は言われるままに封入はするものの、その効果がどうなっているのか、どういう改善が必要なのかを提案することはできません。機能を担うアウトソーサーが分断していることの弊害です。

当社であれば、どんな顧客にどんなタイミングで届けられるのかを理解した上で、効果性の高いツールの制作が可能になりますし、CRMの視点から、どの顧客に、どんなタイミングで、販促ツールをお届けするべきかを企画・提案することができます。これがワンストップの強みとなります」と、藤森氏はワンストップの強みを強調する。

ECで成功するためには、効果的なフロント業務と、効率的なバックエンド業務はどちらも欠かせないポイントである。これまでは、そうした効果性と効率性を分けて考えることが多かったに違いない。しかし、プランクトンRなら、それを一元的に遂行することが可能になる。

さらなるプロモーション効果の向上と、バックエンド業務の効率化に課題を感じているなら、プランクトンRに相談してみることを是非お勧めしたい。

プランクトンRへのお問い合わせはこちら

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録