スピード感やコストカット、災害対策をクリア!+αのサービスも備えた最新倉庫とは?

ECのミカタ編集部 [PR]

株式会社イー・ロジット 通販物流事業部 営業部 課長 土橋恵司氏

物流倉庫では商品配送にスピード感が求められる一方で、配送料の値上げや人材不足などの課題があります。また災害など有事の際に強い倉庫のニーズも強まってきています。株式会社イー・ロジットでは、こうした課題をクリアにしながら1社1社に最適な物流+αのサービスを展開しています。通販物流事業部 営業部 課長の土橋 恵司氏にお話を伺いました。

関東・関西拠点で配達時間短縮と送料削減、災害対応

弊社はおよそ20年間にわたりEC企業様の物流代行サービスを行ってきました。ここ数年では特に、アマゾンプライム会員向けの配送特典や楽天市場の「あす楽」の影響で商品配送のスピードが求められています。

また物流クライシスによる運賃変動が激しい中、倉庫の見直しをしたいというご相談も多くあります。既存倉庫での出荷ミスやECモールでの急なセールなど、出荷量が急激に増えた際の対応不足が原因で乗り換えを希望され、弊社にお問い合わせくださる企業様も多くいらっしゃいます。

こうした市場背景に対応し、弊社では関東4拠点のほか、大阪にも倉庫を設け、現在計5拠点の大型センターにて運営を行っています。関東と関西に拠点を持つことで出荷量を分散し、リードタイムを削減。より注文者に近い拠点からの配送を行うことで送料もカットしています。なお、最近では運送会社のトラックドライバー不足等で集荷時間が早まっていますが、弊社ではそれを解消するしくみも着々と準備中です。

また、東日本大震災をきっかけに災害時のリスクを回避できるような取り組みを進めているお客様もいらっしゃいますので、そういう面でも関東・関西にそれぞれ拠点を持つ弊社をお選びいただくことも最近は非常に多いです。

後払いや受注管理など+αのサービスも充実

弊社がフルフィルメントサービスを提供し始めた2009年当時は、物流会社といえば倉庫内作業のみを提供しているところがほとんどでした。そこから手探りで今日まできましたが、10年経過し、撮影やCSなどのサービスもそれぞれ一部門として確立。お客様に自信を持ってご提供できるレベルに達したと自負しています。

またEC企業様のサポートには、物流代行以外にも、ASPカート、決済などさまざまなカテゴリがありますが、弊社ではそうした企業とシステム連携を行うことで、物流+αのサービスも次々と展開しています。最近では後払い決済会社と連携し、送り状、ピッキングリスト、納品書、後払い払込用紙をまとめた4種一体型の用紙を印字できるようになりました。これによりつきあわせミスを防止し、また後払い決済の月額費用が無料になるというメリットもご提供できます。サービス開始から2年弱で既に50社近くの企業様が導入しております。

他にも、受注管理ソフトと連携することで、日々の出荷データの受け渡しを自動化。運送会社と連携することで、コンビニ受け取りにも対応しています。またAmazonのFBAへの出荷をスムーズにするため、専用バーコードやラベルを弊社内で印字できるシステムもととのえています。詳しい内容は是非ご相談ください。

物流の質を追求するため改善活動や点検も徹底

弊社ではクオリティの高い物流サービスを追及し続けるため、全倉庫において改善活動を実施しています。「5S」「安全性」「品質」「生産性」「環境」などのカテゴリに分けて社内で提案を募り、よいアイデアがあれば積極的に取り入れて環境を改善する事で、スタッフのモチベーションにもつなげています。改善活動は6年続けていますが、提案数は年々増え、内容のレベルも上がっております。中にはパート社員からの提案で年間200万円以上のコスト削減ができたこともあるほどです。とても嬉しい事ですね。

また倉庫作業は続けるうちに独自のやり方になってしまうことも多いのですが、ミスの原因になるため厳しいチェックが必要です。弊社ではセクションごとに抜き打ちでロールプレイングを行い、手順通りにできているかの点検を実施する事で作業手順の統一化をはかっています。

なお倉庫内の個人情報管理にも注力しており、以前から保有しているPマークに続き、2年前にはISMS認証も取得。物流会社で取得している企業は少ないと思いますが、個人情報は1度漏洩しただけで企業の信頼度を大きく変えてしまいます。とくにBtoC物流は個人情報の取り扱いが多くありますので、管理を徹底している弊社倉庫にお任せいただければと考えております。

倉庫を変えただけで、出荷量3倍増加の事例も

弊社は「物流はコストさえ安ければいい」というのではなく、通販業界を盛り上げるために、同じ目線でパートナーとしてお考えいただける企業様のお役に立ちたいと考えています。実際、顧客である企業様とはよいパートナーシップを築いており、新規顧客の半数以上がご紹介からのご縁です。弊社に乗り換えてくださったことで、以前の倉庫ではマンパワー不足で広告をかけられなかった企業様が、乗り換え後に広告を出して、半年で出荷量が3倍に増えた実績もございます。

弊社倉庫では各センターで100社前後の企業様の商材を取り扱っていますが、100社あれば100通りのフローがあります。ゲートアソートシステムや自動封函機などの最新設備も導入しつつ、機械で自動化できない部分にも細やかに対応し、最適なラインを構築しています。とくに、単品通販系のお客様で、60~100サイズ程度、月間出荷個数月3000〜2万個くらいのお客様は弊社をより有効的にご活用いただけるかと思います。

今年に入って6300坪の大阪センターと、8500坪の東京・足立センターをオープンしましたが、おかげさまで順調に稼働中です。今後もセンターは更に増やしていく予定です。

センター内の環境や管理体制、現場スタッフがいきいきと働く様子も、弊社倉庫ならではだと考えていますので、よりスピーディーで質の高い物流をお求めの企業様は、ぜひ一度見学にいらしてください。

今後も「イー・ロジットを選んでよかった」とおっしゃっていただけるよう、日々新しいサービスを検討、ブラッシュアップしてまいります。

【「ECのミカタ通信」vol.18より転載】

ECのミカタ通信18号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事