商材やブランドの特性に応じて使い分けたい、今注目Qoo10ファッション雑貨売り場とは?

ECのミカタ編集部 [PR]

ebay Japan合同会社
ファッション室長 望月将男氏

10年以上にわたり国内で愛されてきたECモール「Qoo10」はとくにコスメ、ファッションに強く、他モールでは獲得しづらい10代~20代女性に訴求でき、30代以上の女性にも注目されている。また新たなハイクオリティファッションサイト「MOVE」はブランドや商品の魅力を動画などでPRでき、ユーザーがタイムパフォーマンスよく、失敗のない買い物ができると評判だ。両サイトの魅力や出店のメリットについて、運営元であるeBayJapan合同会社のファッション バッグ&シューズ 室長 望月将男氏に伺った。

ユーザー2000万人超、コスメ・ファッションに強い「Qoo10」

――まずはQoo10の概要を教えてください。

Qoo10は2010年に日本に進出し、今年13年目を迎えた総合ECモールです。メインターゲットはF1、F2層と呼ばれる20〜40代の女性で、ユーザーは昨年末に2000万人を超えました。国内のEC市場が年率10%ほどで成長する中、当社に関しては月により差はあるものの、約30%で成長しています。

出店は個人法人問わず約21400ショップほど。中でもコスメやファッション雑貨のショップ様も多く、ファッション雑貨の中で多い商品は、かばん、シューズ、財布となっています。

商品単価は平均で約3000円。ただ出店される商品の傾向は二極化しており、1つはQoo10の「コスパモール」というキャッチフレーズ通り、プライベートブランドで比較的安価な商品です。

もう1つはナショナルブランドで1万円くらいの商品。こちらは年4回開催されるメガ割で20%オフになるタイミングで価格比較され購入されるケースが多くあります。ちなみにメガ割は今まで3、6、9月の1日と11月の半ばに実施していましたが、今年は前回が2月25日、次回が5月27日からと前倒しのスケジュールで開催しています。

初期・費用無料だから、在庫滞留時の期間限定利用も便利

――御社からみて、ファッション雑貨関連商材を扱う企業が抱える一般的な課題とはどのようなものでしょうか。

実店舗を持つ事業者様の場合、コロナ流行後は店舗の休業要請などでオフラインでの販売活動に見通しを立てにくくなっているという声をよく伺います。そうした事業者様に対して、当社ではオフラインでさばききれなかった商品をQoo10で販売していただくためのご提案もしています。

――国内のファッション雑貨関連商材を扱う企業がQoo10に出店するメリットについて教えてください。

2000万人のユーザーにアプローチができるところです。さらに初期費用が無料で、年間の契約料も一切かからないので、気軽にご利用いただけます。その前提として、もちろん継続的に販売していただくことが弊社としては理想ではありますが、大量に在庫がある時や、オフラインでの販売が芳しくない場合でしたら、期間限定のポップアップショップのような感覚で販売いただくような形も可能です。

実際に、3ヶ月や半年という短いスパンで出店していただき、Qoo10で販売するメリットを感じてから正式出店されるショップ様もいらっしゃいます。

ブランディングを重視!ハイクオリティファッションの新サイト「MOVE」

――次に、新しくオープンしたMOVEのご紹介をお願いいたします。

この春からQoo10内でローンチした新しいファッションサイトです。出店はオリジナルブランドをお持ちの法人のみに限定し、現時点で250社ほどが販売開始。今後出店が決定しているショップ様まで含めると300社以上が参加されています。

MOVEを立ち上げた背景には、ブランディングにこだわるショップ様が利用しやすいサイトを作りたいと考えたためです。

Qoo10もファッションに強いとはいえ総合ショッピングモールであるため、画面上では横並びで食品や家電が掲載されることもありますが、そこに対してブランディングの観点から敬遠されるお客様もいらっしゃいました。また海外発送のショップもある中で、クオリティを担保したい事業者様とはマッチングしきれなかった部分もありました。

そこでQoo10とは完全に切り離したファッションECサイトとしてMOVEをローンチし、そうしたショップ様も含めて出店いただき、ファッション市場をより活性化していきたいと考えたのです。

販売しやすい手数料率! 動画コンテンツで購買への説得力も◎

――国内のファッション雑貨関連商材を扱う企業がMOVEに出店するメリットについて教えてください。

Qoo10のトップページから遷移する形になっているので、既存の2000万人以上の顧客にアプローチしていただけます。

弊社のほうで審査させていただく形にはなりますが、商品の無料動画撮影も行っています。これらのサービスを含めても販売しやすい販売手数料となっており、他モールと比較いただいても優位性がある売り場になっていると考えています。

「タイムパフォーマンス」がよく、失敗のない買い物をしていただける点もMOVEならでは。既存のファッションECサイトが複数ある中、後発であるムーブはプロジェクト開始時から他社と差別化したコンテンツ作りを非常に重視しており、結果的に既存のQoo10のユーザー層とも親和性がある動画コンテンツをメインに展開しています。

動画コンテンツは、商品ページで質感などの説明的要素を見せるだけでなく、レビュー部分に購入者が着用した動画をアップできるしくみもあります。

通常、ECサイトで買い物をする際、ユーザーは気に入った商品があればインスタグラムなどのSNSで一般の方の使用感などもチェックしてから購入するケースが多いと思います。そうした部分もすべて、MOVEではサイト内で確認できることとなり、ユーザーはタイムパフォーマンスよく、納得して購入することが可能です。

出店商品はスタート時にはバッグとファッションのみに絞っていましたが、腕時計やアクセサリーも順次販売され、話題となっています。

毎日開催されるイベントやランキングで、自社商品をPRできる

――オリジナルショップや他モールで展開していても「売り上げが伸びない」「多くの出店企業がある中で自社が埋もれてしまう」などとお悩みのショップさんもおられると思います。解決策はありますか。

当社では、先にもお話した年4回のメガ割と毎月1日から7日までのスーパーセールなどのイベントをたくさんご用意しており、そこに掲載された商品はランキングの初動で上位に上がるしくみになっているので、効果的に商品を訴求していただけます。


――Qoo10やMOVEに出店する際、重要視するポイントはありますか。

セールに合わせて準備することがとても大切です。そのためには日頃から当社の営業担当者とコミュニケーションを取っていただくのがおすすめです。セールのスケジュールや内容を把握することができ、そこに合わせて商品の在庫確保や価格の調整、広告などを準備することができるからです。その結果、他モールよりも売り上げを出しておられる事例も多くございます。

とくに多くのユーザーが注目するメガ割で勝負をかけたいというショップ様は多いのですが、そこでしっかり売るためには助走が必要。おすすめなのは、当社の営業担当者とすり合わせをして1ヶ月ほど前のタイミングから販売を開始し、商品認知につとめたり、オペレーションに慣れたり、サイトやSNSで狙い目商品を露出するなどしていただくと、アイドリングをかけた状態で本番を迎えられると思います。

当社のモールは単品の販売に強く、セール時はナショナルブランドのスニーカーで1万円以上のものが1000足売れたり、カバンでは1300点ほど、金額にして1000万円以上売れるなどの事例もあります。

――これからファッション雑貨で出店したい場合、どのようなタイミングでスタートすればよいでしょうか。

やはり、もっとも売りやすいメガ割で勝負をかけるのがおすすめです。次のメガ割は、今から準備していただければ出店も十分間に合います。

秋冬も9月、11月にメガ割がありますが、単価が高くなるそのシーズンでしっかり売り切るためにも、今からスタートしておくとベストだと思います。

4月26日にはMOVE出店の詳細がわかるセミナーも!

――最後に今後の展望をお聞かせください。

当社は女性のお客様が非常に多く、現在はコスメカテゴリが牽引している形です。MOVEにファッションブランドの公式ショップ様が入ることで、ファッションカテゴリが2つめの柱になるよう、ビジネスの拡張を目指してまいります。

Qoo10と聞くと「若い人向け」とイメージされる方も多いのですが、実際には他モールでより年齢層が高いお客様をターゲットにしているショップ様も出店され「今まで取り込めなかった層のお客様に購入していただけた」とのご感想をいただくケースも増えています。

4月26日にはMOVEについてのセミナーも開催し、ここではご紹介しきれなかった出店メリットについてもお話する予定です。次のメガ割にもまだ間に合うタイミングですので、ぜひご検討いただき、相互で協力しながら売り上げ拡大を目指していければと考えています。
ぜひお気軽にお問合せください。

Qoo10公式 ファッション雑貨・スポーツ用品!出店セミナーへ参加する


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事