不正なユーザーの検知・排除を行う「不正対策.com」が定期単品リピート通販を狙う転売目的購入者データベースの共有化を開始

定期単品リピート通販事業主など通販業界の成長スピードを鈍化させる転売ヤーなど、不正なユーザーの検知・排除に取り組むインフォニア株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 黒川 隆司、以下インフォニア)は「不正対策.com」の検知精度向上において、定期単品リピート通販を狙う転売目的購入者データベースの共有化を開始したことをお知らせします。
詳細な仕組みにご興味、また転売被害にお困りの際はお気軽に下記からご相談下さい。
問い合わせ先:https://www.infonear.co.jp/inquiry/fuseitaisaku

▼リリースの内容
定期単品リピート通販で行われる、初めて商品を購入した方向けの「初回限定価格」。転売ユーザーは、これを狙い個人情報を巧妙になりすまし、複数回にわたり割引価格で商品を購入し、フリマサービスや各モールで転売行為を行っております。こういった転売ユーザーの共有化については、個人情報保護の観点から同様の被害に合う企業間で、転売ユーザーの情報交換を行うこともできない為、各企業ごとで独自に不正ユーザーのリストを作り上げ対策するほかない状況にあります。
こういった背景を受け各企業で発生した不正購入者を、個人情報を扱うことなく共有化できる機能を「不正対策.com」にてリリースいたしました。


▼不正対策.comについて https://www.fuseitaisaku.com/
「機能概要」
初回購入者限定商品を狙い複数回購入し転売を行うを行う悪質ユーザーなどの検知&購入阻害システム
-------------------
・主な検知ルール
└システムからユーザーへ付与する「個体識別番号」による検知
└特定の購入挙動による検知
└システムで保有する不正者データーベースとの照合
└各企業様が所有のブラックリストデーターの登録機能
など複数
※当記事上で開示できる範囲でのみ記載

・不正発覚時の対処方法
検知ごとにリアルタイムでメール報告
購入を行わせない(サンクスページに到達させない)購入阻害
-------------------
リアルタイムの検知だけでなく、購入阻害の対応ができることで不正ユーザーが成果報酬型広告を経由した場合に発生する"不要な広告費の削減"や、"不正チェック業務の負担軽減"、"一般ユーザーが転売ヤーから買ってしまうことによる売上被害の削減"を実現。

詳細な仕組みにご興味、また転売被害にお困りの際はお気軽に下記からご相談下さい。
問い合わせ先:https://www.infonear.co.jp/inquiry/fuseitaisaku
■会社概要
企業名:インフォニア株式会社
本社:東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-5 水天宮北辰ビル 3F
代表者:代表取締役 黒川 隆司
設立:1997年9月21日
資本金:1億円
URL:https://www.infonear.co.jp/
事業内容:不正対策事業/メディア事業/広告代理事業/ ASP事業
■本件に関するお問い合わせ先
お問合せフォーム:https://www.infonear.co.jp/inquiry/fuseitaisaku