【リピーター施策】自動でファンが増え続けるLINE活用法とは?

オンライン開催

イベント・セミナー
日時【毎週金曜開催】11:00~11:30
※ご都合の良い日時の配信をご視聴くださいませ。
会場オンラインでご視聴して頂きます。
主催企業日本ECサービス株式会社
参加費用無料 
定員定員50名まで
申込期限2023年12月01日(金)
主な対象者LINE公式アカウントを活用していない R-SNS契約中の方 R-Mailに課金している方 SNSやモール運用担当者 RPPやアイテムマッチを利用している
備考・お申し込み後、サンクスメール内のセミナー詳細ページから参加日程をお決めください。
・競合他社様やそれに準ずるパートナー様のご参加はご遠慮ください。
ご確認ください
MIKATA株式会社は会員の個人情報(氏名、所属、住所、連絡先)を主催企業に提供いたします。本申し込みをもって第三者提供に同意いただいたものとみなします。

お申し込み期限を過ぎています

セミナー詳細

リピーター施策にLINEは必須?
モールのリピーター施策としては、
メルマガやサンキュークーポンなどが挙げられますが、
昨今SNSを用いた集客やリピーター施策が活発化しており、
その効果に気づいている店舗は
すでに運用を開始し、前年比売上+40%などと結果を残しております。

その中でもLINEという媒体は、楽天市場・Yahooショッピングなど
ECモールにおいても必須ツールとなっており、
実際にLINE経由のみの売上が月商1000万以上を計上している
ショップは珍しくありません。

特にLINEを活用いただくことで、楽天市場やYahoo!ショッピングにおいて、
「RPP」、「アイテムマッチ」の費用対効果を最大化することも可能ですので、
広告でアクセス数を増やしても、LINEの友だち登録に誘導しておかないと、
損し続けていることになります。

本セミナーでは、LINE施策によって前年比売上+40%を
実現した事例だけでなく、
LINEを用いたファンマーケティング戦略のメリットや
活用できるツールをお伝えしながら、
LINEで売上UPするためのポイントをご紹介します。

下記に当てはまる方は必ずご参加ください!
===========================
・RPPやアイテムマッチを利用しているのに
 LINE公式アカウントを活用していない
・R-SNSに月3,000円を支払っているが活用できていない
・自社の商品とLINEはマッチしない(非リポート商材など)ため、
 使っていない
・LINEを使うのは大変そう・手間がかかると思っている
・Instagramをやっているから大丈夫と思っている
===========================

■講師
日本ECサービス株式会社 カスタマーサクセス課 課長
松本 和也

1985年宮崎生まれ。埼玉大学理学部を卒業後、ピーエムアール株式会社(現サブスクリプションファクトリー株式会社)に入社。一部上場企業をはじめとした大手クライアントを中心に、WEB広告セールスから制作、運用、ディレクションまで全てを経験。取り扱ってきた広告商材はリスティング広告、SEOをはじめ各種SNS広告、バズマーケティング、動画広告など多岐に渡り、多種多様なプロモーション運用実績がある。2015年、後の同社の主力商材であるWEB接客ツール「KaiU」の開発ディレクターを務めながら、自身でもフロントエンドのコーディングを手掛ける。同サービスのセールス部・運用部を立上げ、2021年は同社のCOOを務めた。2020年以降はLINEプロモーション1本に絞り、運用支援ツール「LSEG」の開発ディレクターを務める。その後ECマスターズクラブとの出会い、楽天ショップを全力で支援したいという思いを抱く。2021年12月に日本ECサービス株式会社にジョイン。現在も同社でLINEマーケティングに従事。

お申し込み期限を過ぎています