株式会社ファナティック

カゴ落ちや再入荷のLINE配信を実現するWazzUp!を提供

ファナティックは、アパレルブランドや通販の運営代行会社といったファッションに関わる様々な経歴を持つ、通販経験10年以上のメンバー「のみ」の企業です。どこよりも現場経験が豊富なマーケターたちが「実店舗の売上にも貢献する通販サイト」実現にむけて、構築や改善のお手伝いをさせていただきます。また忙しい現場担当者の方をサポートするLINEの自動配信ツールWazzUp!の運営もおこなっています。

サービス領域
大分類:
店舗戦略 / 集客販促
小分類:
コンサルティング / オムニチャネル / CRM・マーケティングオートメーション / WEBマーケティング / コンバージョン改善 / リピート施策 / ソーシャル支援
イニシャルコスト価格帯(万円)
1 10 50 100 500 1,000
ランニングコスト価格帯(円)
月額1,000 月額5,000 月額10,000 月額50,000 月額100,000
主なターゲット
商材 :
総合通販 / 衣料・ファッション・アクセサリー
販路 :
独自ドメイン店舗
主な導入企業規模(年商)
1000万 5000万 1億
対応エリア
全国対応
導入企業数
20社

サービス詳細

受注・問い合わせ管理:LINE@活用ツール

WazzUp!

LINEで「カート落ち」や「再入荷リクエスト」配信を実現!しかも通販サイトにタグを埋め込むだけの簡単導入

資料請求
その他:コンサルティング

通販コンサルティング

SNSやCRMツールを使い「お客様と関係性を築くことで、選ばれ続ける通販サイト」に改善

資料請求

新着・更新情報

新着・更新情報一覧へ  >

LINE向け自動配信ツール『WazzUp!』にA/Bテスト機能を追加

ファナティック社によれば、この春以降に予定されているLINEの料金変更に際して、現状では配信し放題のLINE@にも通数課金が適用されることで、今のまま全体配信を続けていくと大幅な料金値上げが予想されるとしている。 そこで今後はユーザー...

2019年03月01日(金)14時00分

ニュース

LINE@通数課金に対応した店舗3選!コストを抑えCV率向上を実現できた理由とは

ーー運営されているECサイトについて教えて下さい。 「KOMEHYO ONLINE STORE」ではジュエリー、時計、バッグ、衣料品、カメラ、楽器など幅広いアイテムの中古、新品を販売しています。 ーー以前はL...

2019年02月26日(火)07時00分

今後のLINE運用は配信の出し分けが必須!通数課金対策に取り組むLINE@アカウントをご紹介!

遂にきちゃいましたね。LINEの公式アカウントやビジネスコネクトアカウント、そしてLINE@らのアカウント統合。そして通数課金の適用というルールの根底が覆る大きな変更の全容がついに公開されました。 http://blog-at.lin...

2018年11月14日(水)09時00分

ニュース

LINE@が通数課金に! 今後も費用対効果を保つために、配信数の見直しとセグメント配信を

弊社はこれまでLINE@を利用する事業者対象のサービスを制作してきた実績があります。この経験から、LINE@を活用している店舗さんについて、2つのもったいない使い方があることに気がつきました。 1つは現在、配信し放題なのにもかかわらず...

2018年10月12日(金)07時00分

担当者一覧

 野田大介

月刊誌 Ollie magazine の編集者からキャリアをスタート。その後は複数のアパレル企業で商品企画、生産管理、店舗/卸営業、通販業務を歴任。アパレルブランド在籍時には、自身で確立した「お客様と関係性を築くエンゲージメント・コマース」という独自の手法を用いてEC化率6%から25%へと引き上げる。 独立後は、大手通話アプリの公式通販の立ち上げやSHIBUYA109の公式サイトと通販サイトのリニューアルなど、多数の通販サイトの改善を担当。同時にLINEの自動配信ツールWazzUp!の設計・運用も行なっている。その知見を活かして自身のブログやWWDにて通販ノウハウ記事を執筆中。

会社概要

会社名
株式会社ファナティック
設立
2016年8月
代表
野田大介
所在地
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町4-8南平台アジアマンション606
電話番号
03-6721-0497
FAX
03-6721-04998
メールアドレス
info@ecfanatic.com
コーポレートサイト
https://ecfanatic.com/
事業内容

・LINEの自動配信ツールWazzUp!の運営
・アパレル通販サイトのコンサルティング
  - 新規構築
  - リニューアル
  - 運用改善
  - 売上改善