【新時代のスタンダード】モバイルオーダーとは?代表サービスや導入方法

ベリトランス株式会社

モバイルオーダーとは?

モバイルオーダーとは、店舗の商品をスマートフォンやタブレットから事前に注文できるサービスです。顧客はアプリなどで商品や受け取り方法を選択し、決済を完了します。導入方法は、店舗独自のシステムを開発する方法と、既存プラットフォームを利用する方法の2種類があります。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う生活スタイルの変化により、接触を避ける購買方法やテイクアウトへの需要が高まっており、モバイルオーダーの存在感も大きくなっています。

2020年4月の外食売上高は前年同月比40%減で、ファストフードのみでも15%減だった一方、マクドナルドは6.7%増、モスバーガーは2%増、ケンタッキーフライドチキンは20.6%増と健闘しました。いずれもテイクアウトやモバイルオーダーに注力していたことが功を奏したと見られています。

>> 出典:
一般社団法人日本フードサービス協会『外食産業市場動向調査 2020(令和2)年4月度 結果報告』
http://www.jfnet.or.jp/files/getujidata-2020-04.pdf
日本マクドナルドホールディングス『セールスリポート』
https://www.mcd-holdings.co.jp/ir/sales_report/
株式会社モスフードサービス『モスバーガー既存店および全店前年同月対比実績』
https://www.mos.co.jp/company/ir/library/monthly_info/
日本KFCホールディングス株式会社『IR情報>2020年度 月次情報』
https://japan.kfc.co.jp/ir/info.html

今だからこそ実感できる!モバイルオーダーのメリット

モバイルオーダーは、キャッシュレス決済が拡大し、感染症対策が求められる今だからこそさまざまな効果を発揮します。

■顧客満足度の向上
モバイルオーダーは、これまでにないスムーズな購買体験を提供することが可能で、顧客満足度のアップが見込まれます。モバイルオーダーでは、顧客は自分のペースでじっくり好みの商品を選ぶことができます。

事業者にとっては、顧客が欲しい商品を買い逃さないので、客単価向上を見込めるでしょう。また、レジに並ぶ時間や会計の手間がかからないため、来店後~商品の受け渡しまでが円滑で、アプリに登録されたアカウント情報や購買・閲覧データを活用して顧客の興味関心をフォローすることで、プッシュ通知などにより購買意欲を促す最適なレコメンデーションも可能になります。


続きを読む >>
https://bit.ly/2P63tgw


著者

ベリトランス株式会社

ベリトランスは、クレジットカード決済、コンビニ決済、キャリア決済やAlipay等の国際決済まで一括導入可能な総合決済ソリューションをご提供しています。
 ECや実店舗、越境EC、特定業界向けなど各チャネルでご利用いただける決済サービスや、近年では、モバイルPOS、モバイルバーコード決済(QRコード決済)、オムニチャネル向け決済など実店舗を対象とした決済も提供し、事業者様の売上向上につながるさまざまな決済ソリューションを展開しています。

 デジタルガレージグループのイーコンテクストと共に、グループ全体で日本最大規模のオンライン決済プロバイダーとして、1997年の創業以来、金融機関に求められる高度なセキュリティ環境・管理体制を構築し、EC事業者様がクレジットカード情報を保持せずに決済サービスを利用できる安心・安全な仕組みを提供しています。

ベリトランスサイトURL : https://www.veritrans.co.jp/