eBay.comで高級腕時計の真贋保証サービス!安心・安全の市場創出で増収図る セミナーレポート

イーベイ・マーケティングチーム

イーベイ・ジャパンは国内セラー(販売者)向けに米国eBay.comで展開中の高級腕時計に対する真贋保証サービスについてセミナーを行った。同サービスは昨年11月、国内セラーが出品する2000ドル以上の新品、中古品を含む高級腕時計について、eBayが追加の費用無しに鑑定を実施。商品にタグをつけて販売することでバイヤー(購入者)が安心、安全に購入できる環境を作り、売り上げの向上につなげる。

「安心、安全の市場」で差別化

eBay.comではコロナ禍によるECシフトなどで流通総額が伸びている。今年は熱狂的なファンやコレクターに対する販売を強める方針で、高級腕時計は強化カテゴリーになっている。そんななか、「オーセンティシティ・ギャランティー=真贋保証サービス」は昨年9月、米国内でスタート。2000ドルを超える高級腕時計や一部ブランド・モデルの腕時計が対象で、11月には日本セラーの出品にも適応された。対象商品は米国の鑑定センターに受注した商品を送るだけで、無料でプロの鑑定が受けられる。販売・配送にルール変更が伴うため注意が必要で、今回のセミナーでは運用に関した内容となった。

サービスの導入で「人気が高いカテゴリーで安心、安全の購入環境が整い、流通額が上昇している。4月以降には、ブランドバッグカテゴリーにも拡大予定だ」とイーベイ・ジャパンカテゴリーマネジメント部ファッションカテゴリーの北村直樹氏。高級腕時計はeBay.comで新品、中古品を含む8万点以上の出品があり、取扱高が最大級のカテゴリー。日本からの流通額は真贋保証サービス導入の前後で、1.7倍以上にもなっている。

セラーにも安心、コスト低減などのメリットがある。商品の発送時は鑑定センターまで、返品もバイヤーから鑑定センターへの米国内の送料しかかからないので、配送コストが軽減される。また、鑑定センターを経由するので、悪質バイヤーによる、すり替え詐欺の被害を事前に防ぐことができる。

利用には注意が必要な点も

サービスの利用は簡単だ。2000ドルを超える腕時計など対象商品を出品すると自動的に真贋保証サービスのタグが付けられる。受注すると商品をオハイオ州にあるeBayの鑑定センターに送り1~2日で真贋をチェック。真正品はバイヤーに配送される。返品の場合は、バイヤーからの返品申請をセラーが承認し、バイヤーがセンターに返送。センターで販売時との相違がチェックされ、問題無ければセラーに返送される。

注意点として、北村氏は「センターの鑑定はあくまで最終チェック」という。真贋が曖昧なまま出品し、鑑定センターを通過できなかった場合、ディフェクト(不備)としてセラーのアカウントがペナルティ対象になる可能性もある。アイテムディスクプリション(商品説明)との相違も同様だ。カスタマイズされた商品は同サービスの対象外で、商品説明やタイトルにカスタマイズと明記しておく必要があるという。また、タグの付いた対象商品は鑑定センターを通さず直接、バイヤーに送ることもポリシー違反になるので、バイヤーから頼まれてもセンター経由で送ることが必須だ。

自社に合った配送企業を選択

イーベイ・ジャパンでは、高級品に対し、クーリエ(国際宅配便)での輸送を推奨しており、フェデックス、UPS、DHLの担当から真贋保証サービスの配送についての説明もあった。フェデックスでは「高額時計輸送ソリューション」を実施。自社グローバルネットワークや専用ウォッチワークシートの活用で、日本から最短翌営業日の午前10時30分までに鑑定センターに配達が可能。鑑定作業がいち早く始められるメリットを強調した。鑑定センターから米国内の配送もフェデックスを主要輸送会社として選択しているという。

UPSはアンケート調査を基に配送のスピードと品質、送料が顧客満足度を高めると指摘。高額品を対象に、グループ会社の保険付き輸送サービスの提供や、返品もお届け時に配送状やコマーシャルインボイス(決済明細書)を同梱すれば、米国内2万件以上の窓口で、16時以降や週末も簡単に受付ができる配送品質の高さをアピールした。DHLはeBayと連携したMyDHL+を使い簡単に配送業務が行え、LINE公式アカウントからeお届け通知サービスで、返送の荷物の情報を事前に知ることができるメリットを強調した。

イーベイ・ジャパンでは各セラーに合った配送業者を選び、売り上げ拡大に取り組んで欲しいとした。また、同社では国内セラーに対し、越境ECへの啓発活動や運用支援を強化している。今回のセミナーの参加者は平均よりも大幅に多く、関心の高さを印象付けた。今後も同サービスの拡充など、安心・安全な市場環境でセラーの売り上げ拡大をサポートする。

真贋保証サービスについての詳細


著者

イーベイ・マーケティングチーム

世界200か国・地域から年間1億6,700万人の購入者に利用されるグローバルなオンライン・マーケットプレイス「eBay」(イーベイ)。
この世界最大級の越境ECプラットフォームを通じて海外への販売を行う日本企業を、イーベイ・ジャパンがサポートします。