【大公開】地味にスゴイ大事!売れるネット広告社チェックノウハウ!

濵岡 瑞希

 昨年、ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」が話題となりましたね。出版業界だけでなく広告業界にとっても、“制作物の校正やシステムの動作チェック”といったチェック能力は必須です。

 1文字のミスがどれほどネット広告におけるレスポンス、いわゆるCTRやCVR、直帰率、アップセル率に影響を与えるか・・・。これならまだしも、ミスによってクライアントに連絡が入り、手間と迷惑をかけることほど最悪なことはありません。

 チェック能力はオフライン・オンライン広告問わず、広告マンなら徹底したい必須な能力です。今回は売れるネット広告社の『地味にスゴイ大事!売れるネット広告社チェックノウハウ』を大公開いたします。

 入社して驚いたのが、弊社代表 加藤のチェック能力です。何人もチェックして3回見返した資料も、加藤の目にかかれば数秒で指摘される。そんなシーンを私は度々目にしました。これは、オフラインの世界で培ってきたダイレクトマーケティングの手法を、オンラインにいち早く取り入れてきた加藤だからこその能力です。

 そんな私も実はオフライン出身。チラシや店頭POP、ノベルティなどといった販促物を提案していました。忘れもしないのは、大手外資系保険会社のカレンダー制作を受注した際のことです。総額1,000万円超という、新人の私にとっては最も大きい案件でした。六曜、曜日、スペルチェック、色校、トーン・マナーの統一、連番になっているか、すべてにおいて頭がはげるほど注意を払いました。

 そのおかげで本題のカレンダーは問題なかったのですが、肝心のカレンダーのPP袋において、校正ミスを起こしてしまいました。最悪中の最悪である刷り直しは免れましたが、即刻納品物の回収に動き、修正箇所にシールで対応。もちろん金銭的なマイナスはすべて自社負担です。そして、何よりクライアントへ手間と迷惑をかけることになります。このようにオフラインにおいては、小さな校正ミスが印刷物の刷り直し、リソースの再確保、納期の遅延など、多くの労力が必要となる死活問題となります。

 そう、オフライン広告においては【一度刷ると直しがきかない】リスクがあるのです。それもあってか、オフライン広告マンはネット広告マンより、チェック能力が優れていると言われています。
 
 一方、ネット広告の場合、いくら公開して広告キャンペーンを開始したとしても、サーバーにアクセスすれば、いつでも簡単に修正できてしまいます。であれば、ネット広告ならミスしてもよいのか。それは違います。ネット広告だからこそ、レスポンスが早く、リアルタイムで場所やエリアを選ばず拡散してしまうのです。

 驚くような小さなミスこそ、ネット広告ではレスポンスに大きく影響します。オフライン同様、慎重なチェックは欠かせません。しかし、校正師というプロでさえも間違いはあるものです。どれだけ注意しても、ヒューマンエラーに絶対はない。そうなれば、注意に注意を払い、チェックの質を上げる他ありません。
 
 では、どうすれば弊社代表 加藤のように、数秒でミスに気づくようなチェック能力が身につくのか。答えはシンプルです。日々、常日頃から『クライアントのお金を自分事として考える』マインドを持ち、次のノウハウを徹底することです。

1. パソコンの画面だけではチェックしない
 紙に出力することで、文字は定着します。客観的に見ることができ、文字のミスも発見しやすくなります。実は統計的にも、紙はパソコン画面でチェックするよりも“ミスの検出の正確度が3倍以上”になると言われています。毎回、出力してよかったと思うほど、画面では気づかなかったことが出力で初めて発見できます。ネットの制作物でも、必ず紙に出力し徹底チェックすることが大事です。

2. 間違っているつもりでチェック、常に疑ってかかる
 「ミスチェックにおいては、他人を信用するな!」とは、社内でよく言われる言葉です。絶対に間違い(ミス)があるという前提で校正作業を行います。特に自分が書いた原稿やデザインしたものは「間違っているはずがない」と思いがちです。そう思っていなくても、自然とそういう目で見てしまうことを自覚し、校正作業を行うことが大事です。

3. 複数人でチェックに取り組む
 人間の目ほど不確実なものはありません。ヒューマンエラーは必ず発生します。Aさんは誤字をよく見つける、Bさんはレイアウトのズレによく気が付くというように、チェックにおいても個人差があるため、複数人の目でチェックすべきです。売れるネット広告社では最終納品(入稿)をする前に、社内3名・クライアント3名・制作会社/システム会社3名と最低でも9名のチェックをルール化しています。

4. エントリーフォーム・メールアドレス・電話番号・FAX番号・効果測定などは全て自分でアクセスしてみる!
 通販などダイレクト型の広告では、申込みができないことほど最悪のミスはありません。自ら申込んで、ちゃんと申込み完了できること、繋がることを必ずチェックするようにします。

5. 金額、電話番号、住所、時間、数字は読まず、記号と思い見る
 順番を変えて、最後から見る、途中から見る、ランダムに見るなど、ランディングページ・原稿・バナークリエイティブなど、1文字1文字、単体のものとして校正を行います。

6. 場所や時間、状況を変えてチェック
 場所(会社と自宅、近所のカフェなど)、時間(朝、昼、晩)、性別(男女でモノの見え方は異なる)など、様々な角度からチェックすること。大事なのは、ミスチェックにおいては、絶対はないと意識し、常に自分と他人を疑ってかかることです。

7. 綺麗な字で赤を入れる
 せっかくチェックしたのに、その文字が原因でミス。元も子もありません。5と3を雑に書いてみると、思った以上に似ていることに気付きます。“誰が読んでも分かる”ように丁寧に赤入れを行いましょう。

8. 赤入れチェックは毎回・何度もが鉄則!
 せっかくミスに気付き、初校で赤を入れても、それが再校で直っていなければ意味がありません。先祖返りなどなく、赤入れした箇所がしっかりと修正されているかもチェックすることです。再校・再々校が出る度に全体を再度チェックしましょう。

9. 内容についてまったく知らない人にチェックしてもらう
 クライアント担当者は常にその広告について考えているので、客観視しにくいです。だから、別の部署やあえて新人に回覧してもらうなど、内容について全く知らない人にチェックをしてもらうのが良いです。

10. チェックリストを作成し、フォーマット化する
 誰がチェックしても同じパフォーマンスで正確なミスチェックができるよう、注意すべき部分・重要な部分のチェックリストを作成します。売れるネット広告社の社内で使っているチェックリストの項目は100個以上ありますが、その一部を参考までにシェアします。

□誤字脱字チェック
□トーン&マナーが統一されているかチェック
□記載している商品名が統一されているかチェック
□文言の言い回しが統一されているかチェック
□値段やオファーは統一されているかチェック
□数字の記載方法は統一されているかチェック
□申込みアイコンのアンカーリンクチェック
□動画の再生チェック
□ソースチェック
□モバイル向けLPの場合、容量制限が守られているかチェック
□エントリーフォームの項目が正しいかチェック
□各デバイスでのチェック
□各ブラウザでのチェック
□キャンペーン期間設定をチェック
□エントリーフォームから申込めるかチェック/テスト
□データベースに個人情報が入っているかチェック/テスト
□重複申込みチェック/テスト
□記載されているメールアドレスに送信できるかチェック/テスト
□記載されている電話番号に繋がるかチェック/テスト
□外部リンクのチェック/テスト
□EFOが正常に動作するかチェック/テスト
□効果測定のチェック/テスト
□フォローメールの差出人のチェック
□フォローメールのURLチェック
□フォローメールの顧客姓置き換えチェック

最後に

 いかがだったでしょうか。何だ、大した事はないじゃないか、と思われるかもしれません。そう、ミスチェックは地味な作業です。校正師というプロでさえも、ミスはあります。何度も言いますが、ミスチェックにおいては、自分と他人を疑ってかかることです。制作物に限らず、広告配信においても同じことです。セグメントは正しいか、重複排除はできているか、配信日は適切か、ブランドとの親和性はあるか、原稿・バナーとランディングページの内容に相違はないか。一流の広告マンに必要なスキルは、『クライアントのお金を自分のお金のように考えられる能力』だといいます。これこそまさに、チェック能力に表れるのではないでしょうか。

著者

濵岡 瑞希 (Hamaoka Mizuki)

売れるネット広告社 メディア部 メディアプランナー

兵庫県 淡路島出身。高校卒業後にニューヨークへ留学。デジタルマーケティング専攻、心裡学を副専攻し、ニューヨーク市立バルーク大学を卒業(BBA取得)。留学中は、自慢の行動力を活かし、現地の新聞社、テレビ局、日本領事館でインターンシップを経験。また、ニューヨークNPO法人にて、実行委員のリーダーとして新規事業を立ち上げ、現地エグゼクティブと留学生が交流するプラットフォーム構築に取り組む。販売促進の広告代理店での営業職を経て、売れるネット広告社に入社。現在は、メディア部 メディアプランナーとして、大手ネット通販クライアントのメディアプランニング業務に従事。

売れるネット広告社HP :https://www.ureru.co.jp
無料コンサル開催中   :https://lp.ureru.co.jp/consul02
売れるネット広告つくーる:https://www.ureruad.jp

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/column/13497/