EC1年目の教科書

岸本 康太郎

EC業界で勤める全ての新人の方へ。
私、売れるネット広告社2017年新卒社員の岸本康太郎(きしもとこうたろう)です。

入社当初はEC業界について、右も左も何もわかりませんでした。そんな私は入社してから今まで、EC業界の基礎知識を習得するためにあらゆる書籍や連載・コラムを読んできました。

その中でも、ECのミカタは、新人やECの知識がない方にもわかりやすいコラムが多くありました。今回は、私がEC業界で勤める全ての新人の方へお届けしたいコラムをご紹介いたします。

0円で出来る!?実録!資金をかけずにECサイトを開設し、稼ぐ方法。

弊社制作部最高責任者の藤田のコラムをご紹介します。

このコラムでは、ECサイトの開設について実例を交えながら説明しているため非常にイメージがしやすい内容となっています。この基本を押さえれば、独立してECショップのオーナーになれるのも夢ではないではずです!“売れる商品”を考案、開発するまでにも根気、ひらめきが必要だと思いますが、方法が分かると行動に移してみたくなるものです。

『0円で出来る!?実録!資金をかけずにECサイトを開設し、稼ぐ方法。』
https://www.ecnomikata.com/column/16925/

成長率No.1!単品リピート通販・定期通販の市場規模

EC業界に飛び込んだばかりの頃は、恥ずかしながら「自宅にいながら商品を購入できて便利だな!」という程度でしか考えられていませんでした。しかし、このコラムよりリピート通販というビジネスモデルを学んだ時、通販の可能性に心躍らせました。
このコラムでは、リピート通販にまつわる様々なノウハウを学ぶことができます。

『成長率No.1!単品リピート通販・定期通販の市場規模』
https://www.ecnomikata.com/column/15090/

もはやECの常識!?「WEB接客」が市場規模拡大中の理由

このコラムを読むまで、ECに「接客」の概念は無いと思っていました。

しかし、オフラインで実施されている接客がECにはありました。そして、「WEB接客」は、ECにおいて売上の要素を向上させる非常に重要なことだと感じました。このコラムでは、オンラインでもオフラインでも“おもてなし”の心を持つことが大切だということを学ぶことができます。

『もはやECの常識!?「WEB接客」が市場規模拡大中の理由』
https://www.ecnomikata.com/column/14862/

【第1回】なぜ今CRMなのか~EC・通販のCRMとは?~

このコラムは、単品リピート系通販におけるCRM (Customer Relationship Management)の重要性を紹介しています。

ECは、新規獲得のみでは売上を伸ばすことはできません。売上拡大のためには、一人の顧客からの年間収益額と継続年数を増加させることがポイントであり、これを評価する指標となるLTV(Life Time Value)が最も重要だと語られています。このコラムを読めば、CRMがLTVの最大化を図るうえで、いかに重要かということを学ぶことができます。

【第1回】なぜ今CRMなのか~EC・通販のCRMとは?~
https://ecnomikata.com/column/13266/


ECのミカタには、EC初心者にとってとても読みやすい・学びやすいコラムがたくさんあります。

今回ご紹介したコラムはEC全体を語る上でほんの一部ですが、私がご紹介したコラムなどをきっかけに他のコラムもぜひ読んでいただき、知識・トレンド等のインプットしていただければ幸いです。

著者

岸本 康太郎 (KISHIMOTO KOTARO)

鹿児島県出身。福岡大学商学部貿易学科卒業。
学生時代はテニススクールでインストラクターのアルバイトと学生インターンシップに注力した。
九州の企業を海外進出させるにはどうすればいいかという切り口で、九州各県で銀行や外郭団体と協力し、海外進出をテーマにしたセミナーを開催した。
今後はネット広告を活用し、日本の企業の海外進出を支援していくという夢を持つ。
通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)取得。

『売れるネット広告社』加藤公一レオの【無料セミナー】を行っています!
ぜひお申込みください。
詳細はこちら→http://www.ureru.co.jp/leoseminar

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
  • 岸本康太郎
  • |
  • 2017/12/27 10:47
  • 細谷様

    売れるネット広告社 岸本でございます。

    ご丁寧にコメントをいただき、誠にありがとうございました。

    ご指摘いただきました文言については修正させていただきました。

    私もEC1年目の勉強中の身で、このようなご指導をいただくことができ、大変ありがたく思っております。

    より一層の精進を重ねてまいる所存です。
    今後とも何卒よろしくお願いいたします。

    岸本
  • 細谷
  • |
  • 2017/12/26 17:04
  • 岸本 様

    本コラム、興味深く拝見いたしました。
    入社1年目でこのようなお仕事をされるのは素晴らしいですね。
    今後もこのように情報発信をされる事も多いかと思いましたので、突然かつおせっかいな指摘で恐縮ですが、文章中の漢字変換、また表現方法について気になる点がございましたのでご連絡いたします。

    ①「EC業界で務める全ての新人の方へ。」や「今回は、私がEC業界で務める全ての新人の方へ~」の”務める”(努力の意)は”勤める”(勤務の意)の意味を表したいのではないでしょうか?

    ②最後の、「今回ご紹介したコラムはEC全体を語る上でほんの一部分ですが、私がご紹介したコラムなどをきっかけに他のコラムもぜひ読んでいただき、知識・トレンド等のインプットしていただければ幸いです。」ですが、「今回ご紹介したコラムはEC全体を語る上でほんの一部(”分”は不要と思います)ですが、これらのコラムをきっかけに(以下略)」の方がすっきりすると思いました。

    老婆心からの余計なおせっかいでありますので読み飛ばしていただいてもかまいません。
    今後の岸本様のご活躍をお祈りしております。