Amazon出品も5%還元!申請しよう!「キャッシュレス・消費者還元事業」

アグザルファ株式会社

こんにちは!
アグザルファのAmazon専門コンサルタントです!

消費者にとって大打撃となった、令和の増税から早くも2ヶ月が経とうとしています。

Amazonでは、増税に伴う値上げ対策などもあり、消費者だけでなく出品者にも大きな影響がありました。

そんな中、消費対策として、10月1日の増税にあわせて開始されたのが「キャッシュレス・消費者還元事業」です。

店舗やECサイトを運営される皆さまは、すでに登録をされていることと思いますが、Amazonでも「キャッシュレス・消費者還元事業」に登録できることはご存知でしょうか?

今回は見逃せないAmazonでの「キャッシュレス・消費者還元事業」について、まとめてみました!

それでは、今回のブログもどうぞよろしくお願いいたします!

キャッシュレス・消費者還元事業についての詳しいお問合せはこちらから
https://bit.ly/2omhn4b

「キャッシュレス・消費者還元事業」とは?

「キャッシュレス・消費者還元事業」とは、一体どういった事業なのか。

案内は届いてきているけど、よくわからない!という方は、まずは事業内容を理解しましょう!

2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策としてキャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め消費税率引上げ後の9カ月間(2019年10月~2020年6月まで)に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元等を支援する事業です。

消費者にとっては、こちらの赤いマークをかがけているお店で5%もしくは2%の還元が受けれます。

事業者にとっては、消費者還元で集客力向上だけでなく、決済事業者へ支払う決済手数料の3分の1を国が補助(実施期間中飲み)するなど、消費者だけでなく中小・小規模事業者の両者メリットを享受できる事業となります。

街中でも徐々にこのマークが浸透してきましたよね!

自社にも当てはまるかもしれない、と思った出品者様は、早速次のステップに進みましょう!

    

参加資格のある企業とは?

日本国内での中小・小規模事業者の主な条件は下記の表をご参考ください。

注意点として、資本金の区分だけでなく、企業の業種分類などによっても条件が異なります。

また、もともと補助の対象外となる業種や取引もございます。

※一部、対象外についての情報は省略しております。対象・非対象の詳細な判断については、経済産業省へ直接お問い合わせください。  

    

Amazonで申請するメリットは?

冒頭にて、Amazonでも「キャッシュレス・消費者還元事業」に登録できるとお伝えいたしました。

では、Amazonで「キャッシュレス・消費者還元事業」に参加するメリットはあるのでしょうか?



はい!

ありますよ!!

Amazon出品における「キャッシュレス・消費者還元事業」へ参加するメリットは大きいです!



10月に入ってから、販売価格を改定したことで販売ペースに影響が出ている出品者も少なくありません・・・。

そんな出品者のみなさまに朗報です!

これは、対象事業者であれば是非導入いただきたいと切実に願うほどです!

Amazonの場合、「キャッシュレス・消費者還元事業」に参加している出品者の商品ページには、なんと!!



【5%還元タグ】が表示されれるのです!



しかも、真っ赤なラベルで目立つこと間違いなし! (クーポンラベルより目立ちます!)

検索結果一覧ページ、商品ページともに、以下のように表示されます。

▼検索結果

▼商品ページ

一目瞭然でキャッシュバックされることが理解でき、とても分かりやすいですよね。

Amazonでは、クーポンやプライムマークなど、色付きのラベルが表示されることでユーザーのアイキャッチにもつながります。

今回の【5%還元タグ】も、クーポンなどに引けを取らないアピールになり、商品ページへの流入や転換率拡大につながることが期待できます!

  

デメリットはあるの?

デメリットはあるの?
現状でAmazonでのキャッシュレス事業に参加することのデメリットは、無いといっても過言ではありません・・。

補助も国での対応となり、出品者が負担する費用はゼロ。

また、実質値下げともなるため価格改定をされた方にとってはぜひ参加したいプログラムですね。

デメリットではありませんが、強いて言うと、検索方法として「5%還元ラベル付き商品」を1発で絞り込み検索することができないため、それなりに検索結果ページ上位掲載を狙っておく必要があるでしょう。

   

Amazonで「キャッシュレス・消費者還元事業」に参加する方法

参加することにデメリットは何もない!

といことで、まだ申請していない出品者の方は是非申請をしましょう!

セラーセントラルにログインし、設定を進めてくださいね。

中小・小規模事業者向けキャッシュレス・消費者還元事業のお申込
https://services.amazon.co.jp/promotions/cashless.html
  

「加盟店事業者ID」と「加盟店ID」について

Amazon以外のサイトや店舗で、Sで始まる「加盟店事業者ID」および、Kで始まる「加盟店ID」すでに取得済の方は、Amazonでの申請時にこれらを入力いただくことで、通常より申請をスムーズに行うことが出来ます。

※なお、Amazon以外で申請中である場合にも、申請中のIDをご入力して問題ございません。

Amazonで初めてIDを取得される場合には、それぞれ「いいえ」に回答して進めると、政府での申請が開始されますので、ご安心ください。

  

適用期間はいつからいつまで?

Amazonにおける「キャッシュレス・消費者還元事業」の適用対象期間は、国が定める期間と同じく【2019年10月~2020年6月まで】となります。

増税から9ヶ月間と短期間となりますのが、申請していない方もまだ間に合います!

10月上旬に比べ、申請にかかる期間もスピーディーになっていますので、お早めに申請を行われることを強くおすすめいたします。

  

まとめ

今回はAmazon出品における「キャッシュレス・消費者還元事業」について解説いたしましたが、参考となりましたでしょうか?

増税により売上に影響が生じている出品者の方は、是非導入をいただき少しでも恩恵を受けていただきたいと思います。

少しでも、本記事が皆様の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

取り扱い商品が売れるのかわからない・・・
他では売れるのにAmazonでは売れない・・・
検索順位が上がらず集客できない・・・

そんなお悩みを抱えていましたら、
Amazon専門コンサルのパイオニア企業 アグザルファ株式会社へお気軽にご相談ください!


キャッシュレス・消費者還元事業についての詳しいお問合せはこちらから
https://bit.ly/2omhn4b


Amazon出品に関する知識・対策を公開中!

アカウント健全性に影響あり!?Amazon出品の注文キャンセルどうしてる? 
https://ecnomikata.com/column/24422/

在庫切れ発生!「商品の入荷予定日」設定で有効利用! 
https://ecnomikata.com/column/24358/

Amazonは検索サイト!?検索キーワードの有効活用できていますか? 
https://ecnomikata.com/column/24232/

年末セール対策!Amazon出品のクーポンとセールの活用比較
https://ecnomikata.com/column/24019/


著者

アグザルファ株式会社

【Amazon専門コンサルのパイオニア企業】
2011年より業界初のAmazonコンサルティングを開始。
パイオニア企業として長年にわたり多くのクライアントの売上を拡大してきた確かな実績や知見を蓄積。

商品やカテゴリ問わず、Amazonデータの解析や競合調査をもとに、1社1社に合わせた最適な施策を実施し、競合との差別化で売上拡大の実現に繋げます。

個人から大手企業まで多くのクライアントのサポート実績があり、月商10倍や無名ブランドを有名ブランドに育てるなど、着実に成功事例を創出。

【Amazon内の受賞実績多数】
年間の優秀な出品者や商品に贈られる「Amazonマケプレアワード」や「Amazonランキング大賞」を当社クライアントが多数受賞。

【メディア掲載多数】
「日経MJ」や「日本ネット経済新聞」、Amazon関連書籍をはじめ、多くのメディアで当社のコンサルティング実績が掲載。AbemaTVの番組「AbemaPrime」にAmazonの動向について代表比良がゲスト出演しました。

https://www.axalpha.com/amazonconsul/