フリマアプリとは?出品の際に抑えておきたいポイント

ECのミカタ編集部

今話題のフリマアプリとは?

フリマアプリとは?
 実際のフリーマーケットのように、インターネット上にてCtoCの個人間で物を売ったり買ったりできるスマートフォン用のアプリである。スマートフォンで写真を撮影し、そのまま出品することができるという手軽さから、出品者は増加傾向だ。「安く購入できる」「不用品を販売することができる」というフリマアプリの特徴により、自由に使えるお金が少ない10代~20代の年齢層を多く獲得している。

フリマアプリ市場
 経済産業省が発表した2015年度「電子商取引に関する市場調査」によると、2015年のBtoC-EC市場規模は13兆7746億円、前年比7.64%増となっている。2014年度までの過去5年間でBtoC-EC市場規模は前年比10%以上の伸び率見せてきたことを考えると、BtoC-EC市場は幾分か失速しているのが現状だ。その原因の1つとして、CtoC-EC市場の拡大がある。これはフリマアプリのことを指しており、株式会社メルカリが運営する「メルカリ」においては、月間流通金額は100億円を超えている。

安心の決済
 消費者同士が物品を売買するにあたって、最大の不安要素は決済だろう。しかしフリマアプリは、基本的に運営会社が決済に介在することで、その不安を解消している。購入者は商品の代金をフリマアプリ運営会社へと支払う。そして、商品が購入者の手に渡って初めて出品者に代金が支払われる。こういった安心してお互いが気持ちよくやり取りできる仕組みも、フリマアプリが浸透していった要因だろう。

フリマアプリが作り出す新しい価値とは?

単なる売買の場ではないフリマアプリ
 フリマアプリの特徴の1つとして、コミュニケーションを行いながら買い物を楽しむということがある。店舗が消費者に商品を売るのではなく、消費者が消費者へ想い入れのある物品を売るため、双方で自然にコミュニケーションが発生しやすい。こういった環境が、ECではあまり一般的ではなかった「値下げ交渉」や「商品に対しての細かい質問」などといったコミュニケーションを発生させている。

フリマアプリが生み出す新しい価値
 手軽に出品できるということから、目新しい物品も販売されている。トイレットペーパーの芯などといった、通常はゴミ箱に行くであろう品も売られており、これは小学生の子供の工作で使うために母親が購入したい、といったニーズがある。

 誰かのいらないものは、誰かが求めているものというフリーマーケットの本質はインターネットでも引き継ぎ、また新たに商品の価値を生み出している。あなたの不要なものは、誰かが喉から手が出るほど欲しいものかもしれない。

メルカリ/フリル/ラクマ 注目フリマアプリの特徴

メルカリ
株式会社メルカリが運営しているフリマアプリ。2016年5月にダウンロード数3,000万を突破した。オールジャンルで商品が売られており、トイレットペーパーの芯など、面白い商品も出品されている。

フリル
株式会社Fablicが運営するフリマアプリ。元々女性用フリマアプリとしてリリースされたが、2015年7月より男性も利用可能となった。アパレル商品に強く、その他も家電やチケットやハンドメイド商品などが売られている。

ラクマ
楽天株式会社が運営するフリマアプリ。出品手数料が無料という所が最大の特徴である。メルカリ同様、allジャンルの商品が出品されている。

メルカリ/フリル/ラクマの詳しい特徴や料金表はこちらから

フリマアプリが消費者へ提供するものとは?

 フリマアプリでの商品売買は、消費者同士で行うからこそ、コミュニケーションが活発になる。出品者は想い入れのある物品を売り、購入者はその物品に惚れこんで商品を手に入れるからだ。そして出品物をきっかけにして、消費者同士のコミュニケーションがスタートする。

 フリマアプリによるコミュニケーションは、安心決済を土台として成立しているだろう。なぜなら決済の際に不安不満を持っていたら、円満な売買は行われないからである。円満な売買ではなかったら、当然コミュニケーションも発生しない。現在、購入者が安心して商品を購入することができるのは、フリマアプリ運営会社が作り上げてきた安心安全な決済の仕組みがあるからだろう。

 しかし以前はトラブルも多かった。例えば、出品者が商品を送らなかったり、不良品を送ったり、また同時に購入者がお金を払わなかったり。フリマアプリ特有の、消費者同士で取引を行うからこそ発生しやすいトラブルだろう。しかし現在は、消費者同士が安心して取引できるように、決済システムが整備されている。メルカリを例に出すと、購入者が支払った代金をメルカリが預かり、購入者に商品が到着し、購入者が承諾をし評価を付けるまでは、代金を出品者に支払うことはない。

 フリマアプリはこうして消費者同士が安心して売買し、コミュニケーションを楽しむことができるようなプラットフォームを用意している。フリマアプリは単なる場所の提供だけでなく、安心安全を土台として、コミュニケーションを楽しみながら買い物すること、そんな付加価値を提供しているのだ。

メルマガ会員


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事