もしも10周年セレモニー、人生を彩るドロップシッピング

ECのミカタ編集部

 ドロップシッピングのパイオニア、株式会社もしも(以下、もしも)は、10周年を記念して「もしもドロップシッピング10周年記念セレモニー」を開催。華やかな会場にはおよそ80名のショップオーナーが集まった。

もしもドロップシッピング10周年記念セレモニー開催

 みんなの「もしも」を形にする。こうしたビジョンのもと、もしもは日本へ“ドロップシッピング”を浸透させ、今日も多くのショップオーナーから支持されている。(ドロップシッピングとは?→https://goo.gl/6zg2Fi

 2016年現在、もしもの会員数はおよそ45万人、そのうち68%が男性だが、“売上を伸ばしている”という意味では女性のショップオーナーが多い傾向にある。これは、消費が多い女性ならではの視点で、気の利いたショップ展開を行っていることが考えられるだろう。

 もしもドロップシッピングでは40万点もの商品数が用意されているが、実際に販売されている商品は6万点とのことで、依然としてこれからも伸び代のある業界といえるのではないだろうか。ジャンル別流通比率をみると、「生活用品・インテリア・雑貨」が65.0%と全体の半数以上を占めており、なかなか持ち運ぶことのできない商材であるからこそ消費者が求める傾向が見受けられる。

 ドロップシッピングは在庫を抱えなくともネットショップを始めることができるので、10代~70代以上までの幅広い年代のショップオーナーが利用しているが、実際にどれほど売上を上げることができるのだろうか。

ドロップシッピングは売れるのか。月商1800万円ショップオーナー登壇

 もしもドロップシッピングにおけるトップショップの流通額は年間2億円となり、利益額は年間2,000万円、販売商品数は年間で7,000個にもなるという。

 10年前までは「1個の商品をいかに売れるか」ということが重要視されていたが、現在は「多くの商品をいかに売れるか」という

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。