離脱に悩まずCV率UP。[3S]と「EC-ORANGE」が連携

ECのミカタ編集部

 ムーヴ株式会社(以下、ムーヴ)が提供する、業界初iOS/iPhone離脱アクションに本格対応した離脱防止ツール[3S]と、株式会社エスキュービズムが提供する単体ショップから大型モールまで導入実績960社以上を誇る「EC-ORANGE」が連携し、新たなショッピングカートサービスが誕生した。これを利用することにより、EC事業者は更に高いコンバージョン率を得ることができる。

新たなショッピングカートサービス誕生。[3S]とはどのようなツールか

 日々ECサイトを運営するEC事業者の課題のひとつとなっているのが、ECサイトへアクセスした顧客の離脱だ。実際に、商品を買い物カゴに入れた後の購入ステップ中に平均60~70%の顧客が離脱している。このような状況をただ見過ごしてしまっては、伸びる売り上げも停滞したままだろう。

 そうしたEC事業者の課題を解決するべく、離脱防止ツール[3S]と国内シェア1位の実績をもつECサイト構築パッケージカートサービス「EC-ORANGE」とを連携させたショッピングカートサービスの提供が開始した。[3S]とはどのような離脱防止ツールなのだろうか。

 [3S]は初期導入費・月額固定費一切ゼロ・クリエイティブ制作費ゼロの完全報酬型のサービスとなっており、初めて自社ECサイトに離脱防止ツールを導入するEC事業者にとっても利用しやすいツールとなっている。

 また、既にECサイト内で様々な離脱防止の施策が施されている状況においても、今まで取りこぼしていた顧客を高確率で救い上げ、必ず“プラスαの純増数字”を生み出せることから、更なる結果に結びつけることが期待できるのだ。

 [3S]の 離脱防止の施策は、パソコン経由のECサイトに対してだけではない。実際、昨今の流れとして、スマートフォンを経由したECサイトへのアクセスが増加していることを考えると、“スマホEC”に対する離脱防止施策を行わなければ意味がない。そこで[3S]は、業界で初めてiOS/iPhone離脱アクションに本格対応した。

 例えば、顧客がスマートフォンの「戻る」ボタンを押してページから離れようとした場合、プッシュ通知で訴求を行うことができるため、顧客を逃す可能性が低くなる。このように[3S] は、時代に適した離脱防止施策を展開している。 多くのEC事業者がECサイトをスマートフォン向けに最適化しているが、ただ最適化しているだけでは顧客をECサイトに留めることができない。

 EC事業者が今後意識すべきなのは、「ECサイトをスマートフォン向けに最適化」することではなく、「スマートフォン向けに最適化したECサイトをどのように強化していくか」ということである。その“強化”という意味でも、最新の離脱防止施策を打っていくことは重要なのではないだろうか。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。