「ブラウザプッシュファクトリー」で、個々に合わせた「情報」を適切に届ける

ECのミカタ編集部

「ブラウザプッシュファクトリー」で、個々に合わせた「情報」を適切に届ける

 ムーヴ株式会社(本社:東京都渋谷区)は、EC企業の支援経験を活かし、EC企業の「リターゲティング」と「CRM(顧客との関係強化と取引き拡大)」の数字を改善し高い売上効果をもたらす、EC向け特化デジタルマーケティング施策「ブラウザプッシュファクトリー」の提供を開始した。

 現在、ECは急速なスピードで成長を遂げており、需要・供給ともに伸びている。顔を合わせることのないECにおいても、商品の向こう側には人が存在する。つまりは、人対人の上に成り立っているビジネスであるということを、我々はとかく忘れがちである。

 現代のスピードの速さと情報量の多さの中、顧客中心のビジネスを遂行していくには徹底的な顧客情報の蓄積・管理と、さまざまな角度からの分析、顧客の嗜好に合った製品・サービスを提供していく必要がある。一昔前のように台帳で顧客情報を管理し、あとは経験と勘に頼るという方法ではもはや通用しない時代となっている。

 そこで活躍してくれるのが「ブラウザプッシュファクトリー」というツール。EC企業の支援経験を活かし、EC企業の「リターゲティング」と「CRM」の数字を改善し高い売上効果をもたらしてくれるという。

「ブラウザプッシュファクトリー」の紹介

 アプリ不要かつユーザーの1アクションのみで、スマートフォンのクローズ画面を活用したプッシュ通知によるコミュニケーションが可能になる他、今まで高い費用が必要だったリターゲティング広告でしかできなかった顧客予備軍に対する継続的なコミュニケーションを、格段に上のレベルの精度かつローコストで実現してくれる。

 詳細に顧客のセグメントができるので、誰に、いつ、どういったメッセージを届ければよいのか手に取るように分かる。また、「月額定額使い放題」もしくは「成果報酬型」を選べるという点でもかなり使い勝手が良い。

高い費用の広告が、ユーザーの「雑音」になってしまっていないか?

 ユーザーが欲しているのは垂れ流しの広告や宣伝ではなく、個々に合った「情報」だ。それは受け取り手によって、必要であれば「情報」となるし、必要としていなければ雑音として流されてしまう。当たり前だが”Aさん”と”Bさん”とでは欲している情報が違うのだ。

 しっかりとした見極めを行った上で、適切なメッセージを届けられることができれば効果は格段に上がる。御社のリターゲティングメールやCRMの数字は果たして効果が上がっているといえるだろうか。ただただ宣伝文句を垂れ流してはいないだろうか。一度じっくりと見直してみる価値は大いにありそうだ。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録