Instagram活用!EC関連企業20社比較~ハッシュタグに注目

伊藤 愛沙美

年々、利用者が増加しつつあるInstagram。そういったニーズに応え、最近では、実店舗とEC店舗問わずにInstagramを活用する店舗が増加してきた。今回は、20社のEC関連企業のInstagramに注目し、それぞれのフォロワー数や投稿内容などを探った。

20社のEC関連企業の「Instagram」比較表はこちらへ→https://goo.gl/PNyUIv

2016年、1年間でInstagramの認知度が増加

 EC関連20社の比較に入る前に、株式会社ジャストシステムが調査を実施した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 2016年度総集編」を紹介する。本調査によると、2016年1月の調査では「Instagram」の認知率が76.5%だったことに対し、12月の調査では89.5%に増加した。

 「Instagram」の利用率は、SNSの中で極めて利用率が高いというわけではないが、認知度が急激に伸びたことを考えると、利用機会が増える可能性が高くなるだろう。

各カテゴリー別にEC関連企業のInstagramを紹介

 では、実際にEC関連企業はどういった店舗がInstagramを活用しているのだろうか。今回は、「モール」「家電」「日用品/食品」「アパレル」「雑貨/家具」「化粧品」といった5つのカテゴリーに分かれた20社を調査(※)した。以下、各カテゴリーの1社ずつ紹介する。

※3月15日に調査を実施。

【モール:Amazon】
・投稿数
 1,539件
・フォロワー数
 810千人
・主な投稿内容
 動物
・ハッシュタグ活用
 regram(リツイート)

【家電:ビックカメラ】
・投稿数
 320件
・フォロワー数
 456人
・主な投稿内容
 スタッフの日常、女性の美について
・ハッシュタグ活用
 食べたものなど

【日用品/食品:LOHACO】
・投稿数
 275件
・フォロワー数
 11.5千人
・投稿内容
 日用品/食品(商品)、CMなど
・ハッシュタグ活用
 商品名やタレントの名前、LOHACO、アスクル

【アパレル:ZOZOTOWN】
・投稿数
 300件
・フォロワー数
 23.9千人
・投稿内容
 洋服(商品)
・ハッシュタグ活用
 商品名

【雑貨/家具:ニトリ】
・投稿数
 301件
・フォロワー数
 134千人
・投稿内容
 雑貨(商品)、部屋のコーディネート
・ハッシュタグ活用
 商品名や店舗名

【化粧品:ORBIS】
・投稿数
 61件
・フォロワー数
 3,924人
・投稿内容
 化粧品(商品)、日常のつぶやきと共に商品を紹介、動画
・ハッシュタグ活用
 商品名や効果など

残り、楽天やユニクロ、無印良品などの14社はこちらへ
https://goo.gl/PNyUIv

各企業が「ハッシュタグ」を活用する理由とは

 EC関連企業の20社を比較したところ、「ハッシュタグ」を活用している企業が目立った。この「ハッシュタグ」は、他のユーザーの写真と関連を付けるために利用するものだ。ほとんどの企業が自社の商品名を「ハッシュタグ」にしていた。その理由は、ユーザーが商品を見つけしやすくするためだろう。

 実際に、株式会社サイバー・バズ(以下、サイバー・バズ)が実施した「ハッシュタグ検索と購買行動の関係性」の調査によると、Instagramのハッシュタグ検索をする人が61.5%存在した。特に20代が82.7%となり、30~40代と比較すると若年層の検索率が高いことが明らかとなった。

 さらに、「Instagramにおいてハッシュタグ検索をした結果を参考にして、商品やサービスの購入に至った経験はあるか」の質問に対し、41.5%が「購入した」と回答した。また、20代が60.5%とやはり、最も高い数値であった。

 サイバー・バズの調査を基にすると、「ハッシュタグ」を商品名にすることで、売上に繋がる可能性が高まる。さらに、商品名がきっかけで店舗のInstagramを見つけ、内容が面白ければ、フォローもするし、読み続けることにもなるだろう。ただ、商品を紹介するだけというよりは、使う場面をイメージさせたり、日常生活を連想させる言葉を添えると、宣伝になりすぎずに、ユーザーの心に響きやすいのではないだろうか。それが購買行動に繋がり、売上に大きく貢献することだろう。

20社のEC関連企業の「Instagram」比較表はこちらへ
https://goo.gl/PNyUIv

記者プロフィール

伊藤 愛沙美

中学生に観た「未来予想図~アイシテルのサイン」の松下奈緒さんが演じる編集者に憧れ、編集者を目指すようになった。
webライターや編集アシスタントの経験をし、ますますライターや編集の仕事が好きに!
多くの人の心に届くような記事を書くことが目標!
最近執筆したお気に入りの記事は「EC店舗の売上高が10億円に達するための道のり(https://goo.gl/vezBBv)」、「千趣会の新ブランド「kusu kusu works」が志すもの(https://goo.gl/5DVncC)」です!

伊藤 愛沙美 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。