「f-tra」の導入が600サイト超 CVRが約15%改善した好例も

ECのミカタ編集部

 株式会社エフ・コード(本社:東京都千代田区、以下エフ・コード)は「f-tra(エフトラ)」の導入サイト数が600サイトを突破したと発表した。「f-tra(エフトラ)」は、WEBサイトに数行のコードを埋め込むだけで、WEBサイト訪問者の接客や、WEBサイトへの再訪促進ができるデジタルマーケティングツールだ。

 現在、「f-tra」では、「EFO」「CTA」「Push」の3種類の機能を提供している。「EFO」は、ユーザーがお問い合わせ等で利用するフォームを正しく入力できるよう支援、「CTA」は、ユーザーの行動から適切な情報を適切なタイミングで提供、「Push」は、ブラウザ通知機能を利用して過去にWEBサイトに訪問したユーザーに再来訪を促すことができる。

CVR約15%改善の秘訣は「いつ、誰に、何を」届けられるか

 ヘアケアメーカーの株式会社スヴェンソンは「f-tra」を2016年8月から導入後、ページから離脱しようとしたサイト来訪者にオススメのウィッグ案内をポップアップで表示、ページを長時間閲覧して必要な情報が見つけられていないと想定されるサイト来訪者に対しては、おすすめ商品をバナーで表示するよう設定。さらに、来店予約・資料請求の受付案内のバナーを常にページ下部に表示することで、サイト来訪者がスムーズに予約等を完了できるようにした結果、自然検索流入のCVR(来店予約・資料請求)が昨年対比で約15%向上等の成果が得られたという。

 たった数行コードを埋め込むだけで昨年対比で約15%の向上は企業にとって大きな成果だ。スヴェンソンの顧客ターゲットは年配の方が多く、WEBサイトの操作に不慣れなユーザーも多く、いかにWE

ECノウハウ

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/ecnews/14622/