コイニー社とSTORES.jp社が経営統合、ECの「売り手」にフォーカス

ECのミカタ編集部

コイニー社とストアーズ・ドット・ジェーピー社は、グループ化を実施し、それに伴い事業持株会社としてヘイ株式会社を設立することを公表した。

『決済サービス×ネットショップ』の融合

事業者向けの決済サービス「Coiney」を提供するコイニー株式会社 (以下「コイニー」) と最短2分でネットショップを開設できる「STORES.jp」を提供するストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社 (以下「ストアーズ・ドット・ジェーピー」) は、2018年 2月 1日付けでグループ化を実施し、それに伴う事業持株会社としてヘイ株式会社 (以下、ヘイ) を設立することを公表した。

これに合わせ、株式会社フリークアウト・ホールディングス (東証マザーズ: 6094、以下「フリークアウト・ホールディングス」) の代表取締役社長である佐藤裕介氏がヘイ社の代表取締役社長に就任する。

急拡大する民間商取引市場

ヘイ社は「楽しみ」によって駆動される経済の発展を支援することを目指して生まれた新会社だ。誰でも簡単に使える「キャッシュレス 決済サービス」と「オンラインストア 開設・運営サービス」を開発、提供していくとしている。

同社によれば、民間商取引市場全体におけるEC化率は成長を続けており、2025年には現状の5.4%程度から20%に達するとの予測もある。この成長の原動力となる「売り手」にフォーカスしていると見ていいようだ。

台頭する「新しい売り手」

コイニー、STORES.jpの両サービスは 2012年にスタートした。それ以降、加盟店数および流通額ともに急拡大を続けている。

両社では、これからの急速な商取引のデジタル化の波は、既にデジタル上で商品やサービス販売を行っている事業者の成長のみならず、地方の中小企業やソーシャルサービス上などで人気の個人など新たな「売り手」の台頭によるものも大きいのではないかと考えていた。

その状況を踏まえて、「誰にでも簡単に使える決済サービス、オンラインストア運営サービス」を皮切りに、これから台頭する新たな「売り手」のビジネスやサービス体験がよりよいものになるツールをジャンル問わずに提供していく予定だ。

EC市場の拡大に合わせて、誰もが「買い手」にも「売り手」にもなれる時代だ。その進化するマーケットや、ユーザーや売り手を取り巻く「空気」そのものが変化しているリアルな現状を前に、こうした新たなツールの提供者の登場は、その「うねり」に乗り、かつ時代の波を創り出していくことになるだろう。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事