「イースター」って何?アメリカ5大セールの一角は日本でブレークするか【ショップエアライン調べ】

ECのミカタ編集部

 「セカイモン」を運営する、株式会社ショップエアライン(本社:東京都品川区、以下「SAL」)は、この度「セカイモン」ユーザーである男女を対象に「イースターに関するアンケート調査」を実施し、その結果を公表している。

 「イースター」とは、十字架にかけられて処刑されたイエス・キリストの復活を祝うお祭りであり、 シンボルである「卵」と「うさぎ」を用いて行う春のイベントだ。 卵はカラフルにペイントを施しイースターエッグとして生命の誕生を表し、うさぎは多産な事から命のシンボル、豊穣としての縁起ものとして考えられている。

 海外ではクリスマスよりもイースターの方が盛大にお祝いされる地域もあり、インテリアやテーブルウェアなどを飾り付け、家族でご馳走を食べてお祝いをする。イースターは、春分の日のあとの最初の満月から数えてはじめの日曜日と定められており、今年は4月1日(日)となる。

イースターに関するアンケート調査結果

 そのイースターについてショップエアラインがアンケート調査を行っている。まず、「イースターについて知っていますか?」という質問に対しては「知っている」人が54%で、「知らない」人の46%をやや上回った。



 次に「あなたはイースターセールを知っていますか?」という問いに対しては「知っている」と答えた方は25%にとどまり、4人に1人が知っている程度の認知度であった。



 そして、「イースター文化は日本で広まっていると思いますか?」という問いでは、イースターについて知っている人のうち、85%が認知拡大を感じていないことがわかり、国内におけるイースター文化の浸透はまだ先と言えそうだ。


いつブレイクするか分からないマイナーなイベントも押さえておくべし

 アメリカでは、クリスマスセールなどと並んで「イ―スターセール」は5大セールと言われており、米国イーベイでも、現地のイースターセールを皮切りに春の訪れをあらわす「スプリングセール」が開催されていて、そこでお得に海外ショッピングを楽しむことができる。

 また、セカイモンのサイト上でイースターに関する特集ページが期間限定で組まれており、日本ではまだまだ馴染みの薄い「イースター」を、セカイモンを通して現地の盛り上がりを身近に感じることができるようになっている。

 ハロウィンも少し前まではそれほど馴染みはなかったが、ここ数年で急成長を見せるイベントに昇華しており、イースターも今後どのような展開を見せるのかまだ未知数だ。今はまだ小さな需要かも知れないが、いつでも対応できるくらいの余裕は持っておきたいところである。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録