最小限のリソースでアフィリエイトの問題把握やサイクル構築ができる『みまわりさん』の提供開始

ECのミカタ編集部

CtoCメディアマーケティングを牽引するa-works株式会社(大阪市西区、代表取締役:野山大彰)は、2018年7月31日、アフィリエイト広告チェックサービス「みまわりさん」のサービスを開始した。

信頼性の高い記事コンテンツ増加に寄与

今回の新サービスでは、実績のある大手広告審査企業とサービス提携し、広告掲載ページの確認から記事修正までをワンストップで対応しているとのこと。同社は、サイト運営者との協力体制を敷くことで信頼性の高い記事コンテンツを増やしたいと意気込む。

広告表現における問題の把握から質の向上までを一括で提供

アフィリエイト広告チェックサービス「みまわりさん」とは、アフィリエイトサイトの広告表現における問題の把握から質の向上までを一括で提供するサービスだ。広告主は、チェック対象のリストアップから実際のチェック作業、修正依頼までを、みまわりさんに一任することが可能となる。チェックする対象のページURLをリストアップし、「成果の多いページ順」「検索順位(SEO)」など、広告主の要望に合せたリスト作成が可能となっている。

主な機能としては、前述したように「広告表現のチェック」「更新の管理」「サイト運営者との連携強化」までをカバーし、合意したチェック基準に沿っているか、目視によるチェックを行い、チェック作業は提携している大手広告審査企業が実施するほか、問題のある表現が見つかった場合、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)経由でサイト運営者へ修正を依頼する。またオプション機能として、表現の修正の方向性を示した代替案も提示が可能だ。

さらに過去に広告表現をチェックしたページを定期的に巡回し、表現の修正や内容の変更が無いか確認するので、掲載内容が変更されているページのみ、再チェックを行うことができる。同社は、広告表現のチェックと並行して、記事作成時のガイドラインの提供や、問題表現がない場合には特別報酬を設定するなど、優良なコンテンツを提供するサイト運営者との連携強化にも取り組む予定としている。

少ないリソースで広告表現のチェックができる

同社が述べている「みまわりさん」サービス提供の背景は次の通りだ。アフィリエイト広告の魅力には「成果報酬型により費用対効果が高い」という点に加えて「サイト運営者が実際のユーザーの声を発信してくれること」点がある。

誰でも気軽に広告掲載できるというメリットがある反面、その掲載内容が法律に抵触するリスクは少なくないという現状があった。さらに、問題のある表現がブランドイメージを悪くするリスクもある。広告主には、これらのリスクを防ぐ広告運用が求められてきた。一方で、第三者であるサイト運営者がコンテンツを管理しているという特性から、広告主のリソースだけで掲載内容をチェックすることは困難でもあった。そこで、少ないリソースで広告表現のチェックを幅広く行うことができる「みまわりさん」を提供することにしたのだ。

今回の新サービスの提供で、より少ないリソースでもアフィリエイトサイトのチェックと問題のある表現の是正が可能となり、サイト運営者と協力しながら消費者から信頼される記事コンテンツを増やすことで、消費者の利益を守りながら広告主のブランド確立をサポートできることとなる。

アフィリエイトの課題をクリアしながらそのメリットを存分に発揮できることが期待できる新サービス。少ないリソースの中で広告を通して販促や集客を行いたい事業者にとっては有力な選択肢となるのではないだろうか。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事