楽天市場に新たに『トレンドアイテムランキング』の掲載が開始される

ECのミカタ編集部

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」にて、「トレンドアイテムランキング」の公開を開始した。当該ランキングは、「楽天市場」トップページ上の「ランキング」コーナー内で掲載され、毎週木曜日10時に更新される(2018年9月時点では「楽天市場」PC版のみに掲載)。

「トレンドアイテム」という新たな切り口

楽天市場ではこれまでも、「リアルタイムランキング」や「デイリーランキング」など、売上高、売上個数、取扱い店舗数等のデータなどを参考に抽出したランキングを公開してきた。今回、「トレンドアイテム」という新たな切り口で、時節に即したテーマのランキング情報を紹介することで、ユーザーに、より楽しい買い物体験を提案することを目論む。

2億点以上の商品の購買・検索データから作成

同社資料より

楽天によれば、今回、掲載が開始された「トレンドアイテムランキング」は、「楽天市場」で流通する2億点以上の商品の購買・検索データのほか、社会情勢、気象・カレンダー情報や、リアル・ネット上でのトレンドをもとに、毎週時節に合わせて、ヒットが予測されるテーマが設定されるという。

その設定されたテーマごとに、「楽天市場」内において、過去1年間で売上が伸長したトレンドアイテムを紹介し、それぞれのアイテムについて、「楽天市場」におけるランキングが発表される仕組みだ(ランキング順位は、売上高や売上個数、取扱い店舗数等のデータなど参考に、楽天市場のランキングチームが独自に作成)。

楽天らしいランキングとなるか

日本発のECプラットフォームとして巨大な集客力を誇る楽天。その購買データはビッグデータそのものとも言え、消費者の動向を把握する上で大きな潜在的な価値を有する。

前述したように楽天では、これまでもさまざまなランキングを掲載してきたが、テーマや時節に即したトレンドランキングが新たに掲載されることで、ユーザー側からすれば、より直感的に「今の流行り」を把握することが可能となるだろうし、EC事業者にとっても同様だろう。そのトレンドランキングがはたしてどこまで楽天らしさを反映させるのか、ぜひその今後に注目したい。

 ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。