【Nint調べ】「独身の日」セール、アリババ全体で過去最高を達成

ECのミカタ編集部

ECデータサービスを提供する株式会社Nint(本社:東京都新宿区/代表:蘇迭)は、2018年11月11日にアリババグループが開催した「独身の日(シングルデー)」のデータを、詳細な分析レポートとして公開した。

流通総額は過去最高!2018年「独身の日」

今年度の「独身の日」は、アリババグループの発表によると流通総額は3.6兆円を超え、昨対比127%と過去最高を更新。中でもアリババグループの越境ECプラットフォームである天猫国際は昨対比151%と、こちらも過去最高を更新している。

レポート概要

本レポートは、「Nint for China」のデータに基づき、アリババグループが提供する中国最大のECモールにて毎年11月11日に開催されるショッピングイベントである「独身の日」の売上を、株式会社Nintが独自に集計・レポートしたもの。

全体の流通額規模と日本商品の流通額規模、カテゴリごと、国・地域別、ショップ、ブランド、商品ごと、など様々な視点から「独身の日」セールをレポートしている。金額は1元=17円で計算。

「Nint for China」とは

株式会社Nintの提供するNint for Chinaは、天猫国際/淘宝Global/京東Globalにおける商品カテゴリ毎の売上・ブランドシェア・価格帯シェア、人気商品、人気ショップを知ることのできる、中国越境ECに特化したデータ分析サービス。

それぞれのサイトでどんなものに人気があり売れているのかを分析し、EC事業者のマーケティングに大きな力を発揮する。

拡張を続ける越境EC

開催前から注目を浴びていた「独身の日」セールは、予想以上に昨年の売上をはるかに上回る結果となった。

越境ECが昨年よりスムーズになり、「独身の日」をはじめとするネット上のスーパーセールが認知度を上げたことも大きいだろう。

ECの力で国境を越えて買い物ができるようになった以上、中国という巨大なマーケットが無視できないということは、今回の結果からもよくわかる。

誰もが越境ECに参入できるシステムもあるので、越境ECへの参入を検討してみても良いだろう。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録