ECとリアル店舗の在庫管理がスムーズに ネットショップ向け通販管理システム『助ネコ』のアプリ版がリリース

ECのミカタ編集部

ネットショップ向け通販管理システム「助ネコ」を提供する株式会社アクアリーフ(本社:神奈川県平塚市 代表取締役 長谷川智史)は、バーコード読み取り機能による実店舗とネットショップとの在庫連携や、売上状況の確認ができる「助ネコアプリ」を2019年7月19日より提供開始した。

実店舗とECのシームレスな在庫管理が可能に

これまで、「助ネコ通販管理システム」は、ネットショップで売れた商品の各ショップ間の在庫連携には対応していたが、実店舗で売れた商品の在庫調整は、助ネコの管理画面上で手動修正する必要があった。

また「棚卸し」の際も、店舗様側で実在庫数の確認作業を行い、その在庫数をエクセル等に入力してCSVデータに書き出した後に助ネコに取り込む、もしくは、助ネコの管理画面上で手動修正する必要があった。

今回リリースされた「助ネコアプリ」の「バーコード読み取り機能」を利用することで、実店舗で売れた商品のバーコードをスキャンして、その情報を「助ネコ」に送信するだけで、各モール側との在庫連携が実現できるようになった。

「棚卸し・入荷処理」にかかる作業時間を大幅に削減

これにより、これまでの作業工程であった

[在庫数の確認]

[メモする]

[CSVに入力]

[助ネコに取り込む]

という4つの業務が

[バーコードを読み取る]

[送信する]

という2つの工程のみになるので、「棚卸し」や「入荷処理」にかかる作業時間が大幅に削減されるという。

◆【対応プラン】

・「助ネコ受注管理Lite」以上
(「送り状コンバータ・PLUS」単体でのご契約の場合、「助ネコアプリ」の利用はできない)

なお「バーコード読み取り機能」による在庫連携を利用する場合は、以下のいずれかのプランを利用する必要がある。

・助ネコ在庫管理
・助ネコ受注管理Pro2
・助ネコ受注管理Premium

◆【対応OS】

・iOS 12.0以上
・android 9.0以上

◆【初期費用・月額料金】

・初期費用無料(インストール)
・月額料金2,000円(バーコード読み取り機能をご利用の場合)

◆【搭載機能一覧】

・売上状況(無料)
・お知らせ(無料)
・バーコード読み取り機能(月額2,000円)

※同アプリを利用する場合は「助ネコ」と連携するための設定が必要。

初期投資も抑えられる

また「助ネコアプリ」の「バーコード読み取り機能」なら1契約分の利用料金(月額2,000円)で複数の端末から利用できるので多額な初期投資が不要となる。例えば通常1台10万円程のバーコードスキャナーをスタッフ5名分用意する場合に50万円程の導入費用も発生するが、こうしたコストも必要無くなる。

さらにスマートフォンにインストールをするだけなので手軽に導入でき、バーコードスキャナーを購入しなくとも同アプリをインストールしたスマートフォンさえあれば複数人で作業を行うことが可能だ。その他にも、売上状況の確認やプッシュ通知を使ったお知らせなどの機能も搭載しており、外出先でも手軽に状況確認をすることができる。

「助ネコアプリ」は、7月19日よりApp storeおよびGoogle Playストアで無料ダウンロードを開始している。同社では今後、「バーコード読み取り機能」について商品登録やより綿密な実店舗との連携を実現させるために機能の拡充をする予定だとしている。

EC市場一般においてリアル店舗とECの連携の重要度は増している。それはオンラインとオフラインをつなぎ、ユーザーに豊かな買い物体験をもたらすことで、より一層の集客と顧客とのロイヤリティ構築に寄与することになるからだ。今回のアプリリリースを通してその施策をより強力に支援することになりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事