主婦が見るサブスクリプションサービス事情!【Shufoo!調べ】

ECのミカタ編集部

株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス、本社:東京都港区、代表:早川礼)が運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、「Shufoo!」を利用する全国の既婚女性6,252名を対象に、サブスクリプションサービスの利用に関する意識調査をおこなった。

理解はわずか2.2%。まだまだ認知の低いサブスクリプションサービス

サブスクリプションサービスについて知っているかどうか訪ねたところ、「名前も内容も知っている」と回答したのはたったの2.2%。

実際に利用したことがある、と回答したのも13.6%と、まだまだ認知度が低いことが浮き彫りになった。

きっかけは口コミやキャンペーン、費用と内容のバランスで決めることが大半

サブスクリプションサービスを使ったことがある人に使い始めたきっかけを聞いてみると、トップが「初月無料などのキャンペーン」で35.2%、2位が「友人・知人・家族の口コミ」で25.2%という結果になった。

利用の決め手についての質問では、1番目に重視するのが「費用」「内容」、2番目に重視するのが「内容」「費用」と、コストパフォーマンスの良さを重視する主婦らしい結果となった。

使う理由は主婦ならでは?時代を反映する関心分野

サブスクリプションサービスを利用する理由について訊ねると、トップは「好きなものを好きなだけ使いたいから」で41.0%、3位に「個人で購入したサービスを使うよりもお得だから」が38.6%と、お得感を重視する傾向が強く見られる。

2位には「費用が固定で予算が立てやすい」が39.5%でランクインしており、家計を管理する主婦らしいサブスクリプションの利点が見えた。

利用しているサブスクリプションサービスについての質問では、音楽配信や動画配信などのエンタメ系がトップを占める一方で、美容・コスメが続く。

今後使ってみたいサブスクリプションサービスとしては、ファッションやグルメ、子育てなどといった、時代を反映するような分野に関心があることがわかった。

認知度が高まれば、サブスクリプションサービスが必要とされる余地は充分にあるようだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事