トレファクがOttoと提携し大人の女性への訴求力を強化 宅配買取『Ecoプロジェクト』で新規顧客開拓・買取チャネルの拡大を図る

ECのミカタ編集部

株式会社トレジャー・ファクトリー(東京都千代田区 代表取締役社長:野坂 英吾 )は、ファッション通販ブランドOttoを運営するオットージャパン株式会社(東京都世田谷区 代表取締役会長 兼 社長 兼 CEO 前之園 世紀)と業務提携を行い、Otto顧客に向けた古着買取サービス「Otto Ecoプロジェクト」を協同で開始することを公表した。

Ottoユーザー向けに宅配買取を提供

トレジャー・ファクトリーは全国に193店舗のリユースショップを展開する総合リユース企業だ。同社では新規顧客の獲得および買取チャネルの拡大を進めており、主に衣類を中心に取り扱う宅配買取では、一次流通企業との提携も積極的に行ってきた。今回、同社は大人世代に人気のファッションブランドであるOttoと業務提携を行い、「Ecoプロジェクト」としてOttoのユーザー向けに当社の宅配買取サービスを提供することにしたのだ。

利用者は、Otto公式通販カタログ「Otto COLLECTION」とOttoのECサイトに掲載のEcoプロジェクトページより、オットージャパン買取受付ダイヤルに電話で申込みと集荷依頼を行う。その後で段ボール等に売りたい品物を詰め指定の集荷日に宅配で郵送する流れとなる。

その後トレファクによる査定が行われ、オペレーターから利用者に電話で査定結果の連絡があり、買取が成立した場合は銀行口座に買取金額が振り込まれる。また利用特典として、Ottoで使用可能な3,000円分のクーポン券を進呈するそうだ。買取品目はOttoブランドに限らず、レディースメンズともに様々な衣類・服飾雑貨が対象となる。

OttoのEcoプロジェクト・トレファク宅配買取の3つの特徴

同社がまとめるOttoのEcoプロジェクトで提供するトレファク宅配買取のポイントは次の3つだ。

◆Point1.申込みから振込まで自宅で完結

申込み後、手持ちの紙袋やダンボールに品物を詰めて送るだけ。査定結果はオペレーターから電話連絡、買取金額も振込みなので家から一歩も出ずにサービスが利用できる。

◆Point2.季節外アイテムも買取OK

Ecoプロジェクトの宅配買取では、季節外のアイテムもシーズン関係なく買取。冬にTシャツ、夏にダウンジャケットも買取可能だ。

◆Point3.幅広いジャンル・幅広い価格帯のアイテムが買取り可能

グループで全国193店舗を運営するトレファクは、価格帯別のファッション専門業態を展開しており、リアル店舗・ECともに販売チャネルが豊富なことから、幅広いジャンル・価格帯のアイテムを買取りできる。

新規顧客開拓・買取チャネルの拡大を図る

同社はサービス提供開始に際して次のように述べている。

「今回提携するオットージャパンは、日本で30年以上通販事業をリードしてきた実績を持つアパレル企業です。同社が展開するファッションブランドOttoは、ファッション感度の高い40代~60代を中心としたエレガントな大人の女性に人気のブランドで、カタログ通販を中心に、EC販売、店舗展開、商業施設へのポップアップ出店等も行っています。一方当社では、継続的な仕入れ拡大の一環で新規顧客層へのアプローチを行っており、今回の提携によりOttoユーザーである大人世代の女性に宅配買取を提供することで、新規利用者の獲得・仕入れ拡大を図ります。

2社が協業して開始する古着買取サービス『Ecoプロジェクト』を通して、環境にも洋服にも心にも優しいリユースの仕組みづくりを推進し、アパレル産業の廃棄物の発生防止・削減を促し、サステナブル(持続可能)な社会の実現を目指します。まだ使えるお洋服・ファッションアイテムを一点でも多く、新たな利用者へと橋渡しできるようにサービス向上を目指し、廃棄物削減をはじめとする環境への取り組みを引き続き進めてまいります」

EC市場を見てもリユース分野は、とりわけ成長著しい。そうした中で同社は提携を通して「大人の女性」への訴求力を強め、シナジー効果によってその価値を高めることになりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事