新型コロナのECへの影響は?2020年2月・3月のEC市場での売り上げ推移を明らかにするレポートが公表される

ECのミカタ編集部

株式会社アパレルウェブ(東京都中央区、代表取締役社長:千金楽健司)は、同社運営の会員組織アパレルウェブイノベーションラボ(以下AIL)の活動の一環として、取引先を中心とするファッション企業の2020年2月・3月のECサイト売り上げが、新型コロナウイルスの感染拡大によってどう推移しているかを調査した。ここではその概要についてポイントを絞って見て行く。

調査概要

同社の今回の調査では、アパレル系・ファッション雑貨系の分類に分けたものと全体傾向が示されている。指標は売上やサイト訪問数・購入率などを昨年対比(週ごと)で比較して推移を追っている。

[調査タイトル]
2020年度ファッション企業における自社ECの推移

[調査対象]
株式会社アパレルウェブの取引先を中心としたファッション企業

[調査日時]
2020年2月3日~3月29日、2019年2月4日~3月31日の比較

[調査方法]
Googleアナリティクスからの数値集計による調査

[母数全体]
アパレル系EC、ファッション雑貨系ECに分類した傾向調査

全体の推移

今回の調査対象全体の傾向は、2月の3週目を除いて、売上は昨年を上回っている傾向が全体を通してみられた。一方で顧客1人あたりの購入金額を示す客単価は2月の3週目以降、昨年を下回る傾向になっていた。各社ECサイト上でセールや割引施策を、前倒しで行ったことが要因として考えられるとしている。

アパレル系EC

アパレル系ECに分類してみて見ると、昨年対比(伸び率)の平均値は、全体傾向と同じく、2月の3週目に一度落ち込んでいた。2月3週目以降売上は、回復傾向になっている。売上の回復と並行して、訪問数は3月通して増加し続けていることから、外出自粛の波が強まる中、ECサイト訪問客の増加との関係性も見える結果となった。

ファッション雑貨系EC(靴・鞄・アクセサリー・小物など)

ファッション雑貨系ECサイトでは、3月2週目に昨年比が一時的に大きく上がり、購入率137%、売上150%となった。ちょうどこのタイミングに複数企業のクーポン施策、コラボレーションアイテムの販売などが重なったことが要因になったようだ。その反動から3月3週目の売上は昨年を下回わったが、4週目には再び回復している。

まとめ

調査結果にあるように、2020年2月・3月のECサイト売り上げ推移が明らかにされた。リアルショップにおいて新型コロナウイルスによる感染拡大によって、大きな売り上げへの打撃がある一方で、キャンペーンやセールによる変動があるものの、総じてECへの顧客の流入が続いていることがうかがえる内容となったようだ。新型コロナ禍との戦いにおいては長期戦も予想されており、引き続き外出の自粛が求められる中、ECへのニーズの高まりはさらに増すことになりそうだ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事