Automagiがスマホで撮影してバーコードと文字情報を一括登録できる新技術を開発

ECのミカタ編集部

Automagi株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:櫻井将彦、以下Automagi)は、AIの技術を活用しラベル内に記載されたバーコードや文字情報を一括で読取り、登録が可能な技術を開発したことを公表した。

AI技術を応用

AI(人工知能)ソリューション「AMY(エイミー)」を開発・提供するAutomagi社は、AIの技術を活用しラベル内に記載されたバーコードや文字情報を一括で読取り、直感的かつ手軽に登録が可能な技術を開発したことを公表した。

スマホでラベルを撮影して登録できる

開発された新技術では、事前のラベル毎の個別設定は不要で、スマートフォンでラベルを撮影するだけで、直感的な操作で読み取った情報を在庫のデータベースやWMSに登録することができるという。

読取精度は活字で95%以上で、画像撮影後に2秒程度で文字情報の読取が可能だ。読取り結果が違ったものはその場でそのまま修正ができる(撮影環境によって異なることがある)。また具体的な活用シーンとしては、商品の入出庫時の在庫登録業務や商品の入出庫時の検品業務を想定しているという。

物流現場のニーズに対応

同社では新技術の開発された背景として次のように述べている。

「商品の入出庫時に商品に貼り付けられているラベルのバーコードを読み取って入出庫管理をしている現場は多いですが、バーコードに登録されていない情報は目視のチェックに頼っているケースがほとんどで、大量の時間がかかっています。Automagiはこうした物流現場の声を聞き、今までのAIやOCRの開発実績を生かした、簡単かつ直感的にラベル内の型番や商品名などの情報を一括読取り・管理を可能にする技術を開発しました」

また今後の展開としては、入出荷検品業務に労力を割かれている物流企業の運用に合わせて、読取った情報の自動登録などの機能を追加していくとしており、ECを支える物流現場の利便性向上に寄与することになりそうだ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事