楽天ラクマが最新ファッション意識調査を実施 韓国ファッション人気が拡大し、情報源はテレビからインスタへ移行傾向

ECのミカタ編集部

楽天株式会社(本社: 東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するフリマアプリの楽天「ラクマ」は、「ファッションの参考にする国」に関するアンケート調査をインターネットで実施した。同調査は2016年から開始されており、今年で5回目となる。ここではその概要についてポイントを絞って見て行く。

調査概要

[調査エリア]
全国

[調査対象者]
楽天「ラクマ」ユーザー

[回収サンプルサイズ]
3,189 サンプル(女性 2,243 サンプル、男性 907 サンプル、その他 39 サンプ
ル)

[調査期間]
2020年6月30日(火)から7月1日(水)

[調査実施機関]
楽天「ラクマ」

女性がファッションで参考する国は?

「日本以外で最もファッションの参考にしている国(単一回答)」を各年代の女性に聞いたところ、10代(79.4%)、20代(46.7%)、30代(29.6%)が1位に「韓国」と回答した。それ以降の年代では、40代(22.1%)、50代(27.8%)、60代以上(34.1%)において「フランス」が1位となった。

10代女性が韓国ファッションを参考にしている割合は4年連続で上昇しており、2016年の調査開始時から5年連続で1位となっている。また、「ファッションの参考にしているアーティスト・タレント・著名人」をフリー回答で聞いたところ、20代以降の各年代の女性は具体的な名前がほとんどあげられないなか、10代女性においては「TWICE」「BLACKPINK」「BTS」など韓国のアーティスト名が数多くあげられた。

男性がファッションで参考する国は?

「日本以外で最もファッションの参考にしている国(単一回答) 」の回答結果を、男性の年代別にみたところ、全年代で「アメリカ」が1位となった。また、10代、20代では2位に「フランス」がランクインする一方、30代(14.3%)、40代(18.9%)、50代(27.2%)、60代以上(28.9%)では「イタリア」が支持され2位となった。年代が上がるにつれてイタリアファッションの支持が高くなることがわかった。

韓国は「気軽さ」、欧米は「ブランド力」

それぞれのユーザーが回答した「ファッションの参考にしている国」に関して、 「その国のファッションに注目する理由(複数回答)」を聞いたところ、「韓国」は「安くて気軽に買えるから」(66.3%)がトップとなり、唯一「その国のタレント・アーティスト・著名人が好きだから」という理由もTOP3内にランクインした。

「アメリカ」は「自分らしさを表現できるから」(41.2%)、「フランス」は「信頼できるブランドがあるから」(43.3%)、「イタリア」は「信頼できるブランドがあるから」(47.9%)、「イギリス」は「その国の伝統的な文化が好きだから」 (51.4%) が1位となっている。

情報源としてインスタが台頭、テレビは凋落傾向

各国ファッションの情報源を探るべく、「ファッションの参考にしている国」の「ファッション情報をどのように得ているか(複数回答)」について聞いたところ、1位は「韓国」(54.7%)と「アメリカ」(32.9%)で「Instagram」、「フランス」(53.0%)と「イギリス」(47.8%)、「イタリア」(52.7%)で「雑誌」という結果になった。また、「韓国」では「YouTube」(20.8%)が 2 位となり、調査開始以来、初めてTOP3にランクインした一方、「テレビ」が今回初めてTOP3圏外となった。

まとめ

調査結果にあるように、「日本以外で最もファッションの参考にしている国」 は、10代から30代までの女性では「韓国」、40代以降では「フランス」がトップとなり、男性が「ファッションの参考にしている国」は、全年代で1位に「アメリカ」、2位に「フランス」または「イタリア」となった。

また、各国に注目する理由として、韓国は「安さ」、フランス・イタリアは「ブランド」、イギリスは「伝統的な文化」となり、各国ファッションの情報源として、韓国とアメリカは「Instagram」が1位、その他の国では「雑誌」が1位となった。

さらに楽天「ラクマ」では、「韓国ファッション レディース」 のキーワード検索数が 2 年で 7.6 倍に急増しているという。10代~30代の女性を中心に韓国ファッションの人気が高まっていることを受け、楽天「ラクマ」 における「韓国ファッション レディース」の2019年におけるキーワード検索数を、2017年・ 2018 年と比較したところ、2017年比で7.6 倍、2018年比で2.4倍と大幅に増加していることがわかったという。フリマアプリにおいても「韓国ファッション」人気は年々上昇しているようだ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事