BASEが新機能『商品オプションApp』の提供を開始 販売商品へのオプション設定が追加可能に

ECのミカタ編集部

ネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」の拡張機能「BASE Apps」にて、新機能「商品オプション App」の提供を開始した。

プレゼント包装の有無なども選択可能に

BASE社は、同社が運営するネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」の拡張機能「BASE Apps」にて、販売商品のカスタマイズの受付やプレゼント包装の希望確認など、商品にオプションを設定できる新機能「商品オプション App」の提供を、2020年8月11日(火)より開始した。

テイクアウト商品のオプション受付にも対応

同社は、商品オプション App」の特長として次のようにまとめている。

◆1.購入者への要望確認の手間を軽減

オプションの設定により、ショップオーナーは商品購入者への確認事項のやりとりの負担軽減やオーダーミス防止に役立つ。オプションは、商品や項目ごとに設定することが可能で、購入者の回答についても入力必須または任意のいずれかに設定できるので、商品の特性に合わせた利用が可能だ。なお、「選択式」と「文字入れ」から用途にあった機能を利用できる。ショップが予め設定できるオプション数は最大20件で、その中から各商品につき3つまでオプション設定できる。

[選択式(プルダウンメニューから選択)]
各オプションにつき、50項目まで設定できる。商品と一緒にオプションの販売が可能。

[文字入れ]
商品への名入れやメッセージ等をオプションで受付する際に、購入者に入力してもらうことが可能。ショップ側で最大30文字まで、入力可能な文字数を設定できる。

◆2.オプション追加料金の設定も可能

「選択式」「文字入れ」ともに、追加料金の設定もできるので、商品の素材やサイズ、形状などオプション内容により細かな料金設定ができ、購入者にも商品ごとの価格を明示しやすくなる。

◆3.「テイクアウト App」に対応、テイクアウト商品のオプション受付も簡易に

「商品オプション App」は2020年6月25日より提供している、テイクアウト商品の販売と事前決済が可能な拡張機能「テイクアウト App」にも対応しており、併用することでテイクアウト商品にオプションを追加できる。飲食店での利用の場合は、メニューへのトッピングや、ソースの種類、アレルギーの入力など、オプション設定を追加することで、購入者の要望をスムーズに受け取ることができ、より便利に「テイクアウト App」が活用可能だ。

「商品オプション App」インストールで利用可能に

「商品オプション App」では、ネットショップ作成サービス「BASE」加盟店を対象に提供する機能だ。ショップオーナーは、同機能を利用することで、商品を販売する際に商品のオプションを3つまで設定することが可能になる。

なお、オプションはプルダウンメニュー形式(選択式)と、購入者が情報を入力する記入式(文字入れ)が用意されているので、ユーザーのカスタマイズの要望を受付することが簡易になるとしている。同機能は「BASE」の拡張機能「BASE Apps」にて「商品オプション App」をインストールすることで利用できる。

これまでもハンドメイド品をはじめとした幅広いアイテムのECプラットフォームとして支持を集めてきたBASE。今回の新機能追加によって、さまざまなオプションに対応でき、購入者における利便性と、それらを通したプラットフォームとしての価値をさらに高めることになりそうだ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事