月商1000万円未満/1000万円以上 規模別Web担当者に聞いたMAツールの満足度

ECのミカタ編集部

ネットショップコンサルティングのECマーケティング株式会社(代表:中山 高志、所在地:東京)では、月商1000万円未満/1000万円以上のそれぞれのWeb担当者に対してアンケート調査を実施し、その結果を公表した。ここではその概要についてポイントを絞って見ていく。

調査概要

コロナ禍の緊急事態宣言以降、飲食店や対面販売など、対面でのビジネスが低迷を迎えるなか、DX(デジタルトランスフォーメーション)の導入が必要不可欠になっている。今までネットショップでの販売を強化していなかった企業や、今まで実施していなかった企業も、ネットショップ運営やその強化を検討せざるを得ない局面を迎えた。

そこで同社では、ネットショップの運営に関しての生の声を聴くために、Web担当者に対してアンケート調査を実施した。今回は、使用している「MAツール」等の有料ツールに関する調査結果が紹介されている。まずはネットショップについて概要についてだ。

[アンケート回答者]
月商1000万円未満のネットショップのWeb担当者111人

[アンケート回答期間]
2020/10/21

ネットショップの業種

設問:あなたが担当しているWebサイトの業界(複数ある場合は最も売り上げの大きなサイト)をお答えください。

月商1000万円未満、月商1000万円以上のネットショップともに、「総合小売」が圧倒的に多く、次いで「アパレル」「健康食品・サプリ」となった。特徴的なのは、月商1000万円未満のネットショップでは、「食材・食品」(4.5%)「アクセサリー」(4.5%)がある程度存在するのに対して、月商1000万円以上のネットショップではほとんどなかったことだ。

これは、月商1000万円未満のネットショップでは、食品やアクセサリーに特化したネットショップが多く、月商1000万円以上のネットショップでは「総合小売」なかで食品やアクセサリーを販売しているためこうした結果になったと考えられそうだ。反対に「家具・インテリア」に関しては、月商1000万円以上のネットショップではある程度存在しているが、月商1000万円未満でほとんどないという結果となった。

導入しているMAツールは?

月商1000万円未満のネットショップでは、「SATORI」が43.4%で圧倒的に多く、次いで「b→dash」が22.6%、「Marketo Engage」が15.1%となった。月商1000万円以上のネットショップでは、「SATORI」「Marketo Engage」が同数の27.4%で一番多く、次いで「b→dash」「エイムスター」が8.2%だった。

MAツールは、他の有料ツールと比べて高額なツールが多いためか、月商1000万円未満のネットショップでは、低価格から利用できる「SATORI」が圧倒的な人気となった。月商1000万円以上のネットショップでは、比較的マーケティング予算のある会社が多いことから「Marketo Engage」が人気となっているが、「SATORI」も人気のツールとなっていることがわった。

利用しているMAツールの満足度

設問:前問でお答えいただいたMAツールの評価を教えてください。


月商1000万円未満のネットショップでは、「満足」が49.1%で一番多く、次いで「大変満足」が22.6%、「どちらとも言えない」が15.1%となった。月商1000万円以上のネットショップでは、「大変満足」が42.5%で一番多く、次いで「どちらかというと満足」が26.0%、「満足」が20.5%だった。

満足度で言うと、月商1000万円以上のネットショップのWeb担当者の方が満足度が高い結果だった。こうした販促ツールを利用した場合、中小のネットショップと大規模ネットショップでは、コンバージョン率が同率で改善したとしても、売上額では大規模ネットショップの方が大きくなるため、満足度が高くなっているとも考えられるようだ。

コスパの高い有料ツールは?

設問:あなたが担当しているWebサイトで使用している有料ツールで最もコスパが高いと感じるものをお答えください。

月商1000万円未満のネットショップでは、「MAツール」が22.7%で一番多く、次いで「メルマガスタンド(メルマガ配信ツール)」が19.1%、「接客ツール(チャットボット含)」「アクセス解析ツール」が18.2%となった。

月商1000万円以上のネットショップでは、「メルマガスタンド(メルマガ配信ツール)」が41.3%で圧倒的に多く、次いで「MAツール」が16.5%、「接客ツール(チャットボット含)」が14.7%だった。

月商1000万円未満のネットショップ、月商1000万円以上のネットショップともに、「メルマガスタンド(メルマガ配信ツール)」は非常にコスパが良いと思われているようだ。

まとめ

このように今回の調査では、月商1000万円未満のネットショップと月商1000円以上のネットショップでのMAツールや有料ツールの利用状況について明らかとなった。月商1000万円未満のネットショップと月商1000円以上のネットショップでは、大規模な月商1000円以上のネットショップの方がMAツールの満足度が高いという結果となった。

その点について細かい部分を見ていくと、いすれも満足する点、しない点などはあるようでだ。また、MAツールを導入することで、業務が増えて不満となっている方も一定数存在することも分かった。意外にも、MAメルマガスタンド(メルマガ配信ツール)がコスパが良いと考える人が相当数いたという結果となったことだ。

ECに限らず、ビジネスを展開する上で、マーケティングは非常に重要な要素となる。その施策を支援するツールについても、実際の利用状況から浮き彫りとなる点も多い。こうした調査結果から、それぞれの事業体における施策を考える上での参考にしてみるのも良いのではないだろうか。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事