【Instagram公式】リールとライブ配信のインサイトを追加 より効果的なビジネス&クリエイターアカウント運用が可能に

ECのミカタ編集部

Instagramは5月24日(米国時間)、昨年8月に国内でローンチしたリールとライブ配信に関するインサイトをアプリ内で閲覧できるようになったことを公表した。

投稿のフォロワーへの貢献度も確認できる

Instagramはリールとライブ配信に関するインサイトをアプリ内で閲覧できるようになったことを公表した。また、ビジネスやクリエイターがより効果的にアカウントを運用できるよう、どのフォーマットの投稿が自身のアカウントのリーチに貢献しているのかの情報もインサイトに表示するとしている。

インサイトは、Instagramのアカウントをビジネスアカウントもしくはクリエイターアカウントに切り替えると利用できるようになる無料の機能で、自身のフォロワーの年齢層や性別、投稿したコンテンツへの「いいね!」やコメントなどのインタラクションに関するデータなど、様々な情報をアプリ内で確認できるものとなっている。

さらに今回のアップデートでは、投稿ごとに確認できるインサイトに加えて、プロフィールから表示できる「インサイト概要」に表示されるデータにもリールやライブ配信の数値が反映されるという。また、ビジネスやクリエイターにとって重要なリーチに関する項目も追加し、フォロワーや非フォロワーに対して、どのフォーマットの投稿が貢献しているのかの情報もインサイトで閲覧できるようになるとしている。

新たに利用できるようになったインサイト

◆リールのインサイト

・リーチしたアカウント数
・再生数
・いいね!数
・コメント数
・シェアされた数
・保存された数

◆ライブ配信のインサイト

・リーチしたアカウント数
・ピークの同時視聴者数
・コメント数
・シェアされた数

より中長期的なパフォーマンスの把握が可能に

同社によれば、今後数ヶ月のうちに、インサイトに表示するデータ期間の選択肢も増やす予定だという。現在表示できる過去7日間と30日間に加えて、過去14日間、前月、そして過去90日間の中から選択できるようになり、より中長期的にアカウントのパフォーマンスを把握することが可能になるとしている。加えて、フィードとストーリーズについてはデスクトップ上でもインサイトを閲覧できるようになる予定とのことだ。

現在、多くのビジネスやクリエイターが顧客やファンと交流し、ビジネスを成長させたり、収益を上げたりするためのツールとしてInstagramを活用している。また、ビジネスやクリエイターはインサイトを活用することで、アカウントやコンテンツのパフォーマンスを無料かつ手軽にアプリ内で確認し、より効果的にInstagramアカウントを運用してビジネスの成長やファン層の拡大へとつなげることができる。

今回、リールやライブ配信を積極的に活用しているビジネスやクリエイターからのフィードバックを受け、インサイトに新たな項目が追加されたことで、その有用性がさらに高まった。Instagramは、今後もビジネスやクリエイターの支援に注力すべく、継続してアップデートを行なっていくとしており、これからの進化にも注目と言えそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事