Shopifyサブスクアプリ「Mikawaya Subscription」に新機能 「継続率測定レポート」「2段階割引」

ECのミカタ編集部

株式会社フロアスタンダード(所在地:東京都新宿区、代表取締役:高松悠、以下「フロアスタンダード」)は、同社が提供するShopifyサブスクリプションアプリ「Mikawaya Subscription」において、2021年6月15日に「継続率測定レポート機能」「2段階割引機能」2つの新機能を追加、公開すると発表した。

それに伴って、同社がShopifyを利用する事業者(マーチャント)として培った売上向上ノウハウを提供するクローズドコミュニティ「Mikawayaサブスク研究所」も開設したという。

購入継続率をリアルタイムに細分化して把握

「継続率測定レポート機能」は、Shopifyサブスクリプションアプリ「Mikawaya Subscription」の管理画面から商品別・月別の購入継続率が簡単に確認できる機能。購入継続率をリアルタイムに細分化して把握することで有効なCRM施策を実施し、LTVの最大化を目指すことができる。

初回購入と2回目以降の割引率変更を2段階で設定

「2段階割引機能」は、初回購入と2回目以降の割引率変更を2段階で設定できる機能で、顧客のニーズに合わせた割引設定が可能となる。

この機能を活かすと下記のような料金設定をすることができ、集客戦略の幅が広がる。

◆料金設定例
・初回50%OFF、2回目以降10%OFF(初回新規集客をしやすくする)
・初回10%OFF、6回目以降15%OFF(継続特典で割引率をアップしてLTVアップ)
・初回0%OFF、2回目以降90%OFF(初期費用50,000円、月額5,000円などの初期費用を回収するための料金設定も可)

クローズドコミュニティ「Mikawayaサブスク研究所」に招待

Mikawaya Subscriptionの通常プランを利用している事業者は、Shopifyを利用する事業者(マーチャント)でもあるフロアスタンダードが確立した「サブスクリプションの売上UPに関すさまざまな情報」を提供するクローズドコミュニティ「Mikawayaサブスク研究所」に無料で招待される。

◆Mikawayaサブスク研究所でのナレッジシェアの内容例
・定期へのアップセル方法とおすすめアプリ
・サブスク商品を広告で新規集客する際の落とし穴
・ポイント制度を活用してLTVアップする方法
・フロアスタンダード自社ヘアケアブランド「YOU TOKYO」にて現在進行形で行っている施策と結果

定期通販(サブスク)はLTVを上げ、売上と利益を向上させるための有効な手段だが、さまざまなブランドが乱立する中、単にサブスクの仕組みを取り入れただけで売上が大きく伸びるほど簡単なものではない。

「Mikawaya Subscription」は自らもShopifyに出店しているフロアスタンダードが開発したアプリだけに、きめ細やかな配送周期・配送日の変更や商品の変更にも対応できる設計が強みだ。今回の2つの機能の追加により、購入継続率に基づいたセグメントごとのCRMやより柔軟な価格戦略が実行しやすくなる。

クローズドコミュニティでのノウハウ共有も加わり、ハード面・ソフト面両面での支援体制がさらに整ったと言えるだろう。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事