インフルエンサー向けマーケットプレイス型EC「PopBox」が始動、オリジナル商品の制作~販売をシームレスに実現

ECのミカタ編集部

AnyMind Group株式会社(代表取締役CEO:十河 宏輔)は、インフルエンサー・クリエイターが自身のブランドやプロダクトを販売できるマーケットプレイス型EC「PopBox(ポップボックス)」をローンチすると発表した。

専門知識なしでデザイン作成・販売が可能

「PopBox」はインフルエンサーやクリエイターなどの個人が自前でECサイトを立ち上げることなく、簡単に自身のブランドやプロダクトを販売することができるマーケットプレイス型のECサイト。

「PopBox」では、クラウドものづくりプラットフォーム「AnyFactory」で提供しているカスタムデザイン機能を活用することで、生産や入稿に関する知識がなくても、150種類以上のアイテムを揃えたカタログをもとに、商品の完成イメージを簡単に作成し、完成した商品を「PopBox」上で販売することができる。「PopBox」はタイと日本で提供を開始し、今後は他のアジア市場でも提供を開始する予定だ。

なお、本ローンチに先駆けて、GROVE所属のモッパン系YouTuber「かの/カノックスター 」やZ世代に強い支持を受ける2人組YouTuber「むくえな」などがすでに「Pop Box」を活用しブランド・商品展開を開始しているという。

D2C展開をワンストップで展開

同社では、ブランドの商品企画・生産、EC構築・運用、マーケティング、物流までを一括で支援できるプラットフォームを開発している。

クラウドものづくりプラットフォーム「AnyFactory」、ECサイト構築・販売支援サービス「AnyShop」、物流管理プラットフォーム「AnyLogi」などの同社の既存サービスと「PopBox」を連携させることで、インフルエンサーやクリエイター向けのD2C展開における、生産・EC構築・マーケティング・物流までをワンストップで支援することが可能だという。

サブスク型のEC・D2C支援サービスも展開

AnyMind Groupは、2016年にシンガポールで創業し、インフルエンサー・クリエイターなどの個人、メディア・ブランド企業向けに、生産・EC構築・マーケティング・物流をワンストップで支援するプロダクトとサービスを世界13市場17拠点で提供するテクノロジーカンパニーだ。

先日、国内・海外でEC・D2C展開をしたい企業向けのサブスクリプション型支援するサービス「E-commerce-as-a-service」の提供を開始したと発表したばかりで、今後ますます国内外のEC市場におけるプレゼンスを拡大していきそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事