Amazon、KDPで紙書籍出版を開始 個人著者も紙の本を出版可能に

ECのミカタ編集部

Amazonは、「Kindle ダイレクト・パブリッシング(以下、KDP)」において、紙書籍での出版サービスを2021年10月19日(火)より開始した。

初期費用なしで出版できる

Amazonは、個人著者がKindleストアに本を出版することができるサービス「KDP」において、紙書籍での出版サービスを開始した。これにより、著者は電子書籍に加えて紙書籍での出版も選択可能になり、より多くの読者に作品が届けられるようになる。また読者は、より多くの選択肢から作品を選べ、利便性が高まるとしている。

KDPでは、マンガを含むすべてのジャンルの電子書籍と紙書籍を、初期費用なしで出版できる。またKDPの紙書籍出版では注文に応じて印刷を行うため、著者が在庫を抱える必要もない。さらに、著者は販売価格を自身で設定でき、紙書籍で60%、電子書籍で最大70%のロイヤリティを受け取ることができる。

KDPでの紙書籍の出版の流れ

◆1.初期設定

AmazonのアカウントでKDPにサインインし、著者名、支払いに関する情報を入力してKDP アカウントを設定(Amazonアカウントを持っていない場合、Amazonアカウントサインアップをクリック)

◆2.本の詳細情報の入力

本のタイトルや著者名、ジャンル、内容紹介など読者に向けた情報を入力

◆3.原稿と表紙の作成

原稿と表紙をPDFファイルで作成

◆4.価格の決定

本の販売地域と希望小売価格を決定

海外読者も購入可能

アマゾンジャパン合同会社書籍事業本部ジェネラルマネージャーのエイミー・ワース氏は、次のように述べている。

「本サービスの発表により、日本の著者の皆様が紙書籍にて多くの読者に作品をお届けできるようになること、また読者の皆様がより多くの作品をお楽しみいただけるようになることを大変嬉しく思っています。著者の皆様の素晴らしい作品を通じて、著者と読者の皆様が出会う機会が増えることを楽しみにしています」

個人が出版できる電子書籍サービスとして、大きな存在感をしめしてきたKDP。今回、新たに紙での出版が可能となり、個人著者と読者にとっては、さらなる利便性と選択肢が提供されることになりそうだ。

また既存の出版業界にとっても、少なからずインパクトをもたらすことにもなるだろう。これまで出版社に集約されてきた紙の書籍の出版・販売と流通に新たな局面が訪れたことになり、既存の出版業界とAmazonなど新興のプラットフォームのせめぎ合いは、さらに激しさを増すことも考えられる。

なお、KDPで出版された紙書籍は、日本の他、英国、オーストラリア、カナダ、米国、ヨーロッパのAmazonで購入できるとしている。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事