食品通販81.5%が「テレビプロモーション」に興味あり、だが実際に行ったことがあるのは39.8%【東通メディア調べ】

ECのミカタ編集部

通販システム開発やコールセンター運営、メディアプランニング、クリエイティブ制作等を行う、株式会社東通メディア(本社:東京都中央区、代表取締役:赤池文孝)は、勤務先で、食品の通信販売を行っている食品通販会社のマーケティング担当者103名に対し、食品通販のテレビプロモーションに関する意識調査を実施し、その結果を公表した。ここではその概要についてポイントを絞って見ていく。

調査概要

調査概要:食品通販のテレビプロモーションに関する意識調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年11月24日〜同年11月26日
有効回答:勤務先で、食品の通信販売を行っている、食品通販会社のマーケティング担当者103名

「自社通販型」約4割、「モール出店型」約2割

「Q1.お勤め先の食品通販の運営形態を教えてください。」(n=103)と質問したところ、「自社通販型」が39.9%、「モール出店型」が23.3%という回答となった。

「テレビでの通販のプロモーションに興味」8割以上

「Q2.あなたは、テレビでの通販のプロモーションに興味はありますか。」(n=103)と質問したところ、「かなりある」が55.3%、「ややある」が26.2%という回答となった。

テレビ通販のプロモーションに興味がある理由は?

Q3.Q2で「かなりある」「ややある」と回答した人に聞いている。テレビでの通販のプロモーションに興味を持っている理由を教えてください。(複数回答)」(n=84)と質問したところ、「多くの人に商品(会社・店舗)を知ってもらえる」が60.7%、「費用対効果が高い」が57.1%、「媒体の社会的信頼性が高い」が53.6%という回答となった。

またQ4.Q2で「かなりある」「ややある」と回答した人に聞いている。Q3で回答した以外に、テレビでの通販のプロモーションに興味を持っている理由があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=84)と質問したところ、「魅力が伝わりやすい」「手軽」などが挙げられた。

約4割がテレビでの通販プロモーションを経験

「Q5.あなたは、実際にテレビでの通販のプロモーションを行ったことがありますか。」(n=103)と質問したところ、「ない」が55.3%、「ある」が39.8%という回答となった。

Q6.Q5で「ない」と回答した人に聞いている。「テレビでの通販のプロモーションを行っていない理由を教えてください。(複数回答)」(n=57)と質問したところ、「コストが高い」が52.6%、「手間や時間がかかりそう」が50.9%、「取引の流れがわからない」が40.4%という回答となった。

またQ7.Q5で「ない」と回答した人に聞いている。「あなたは、もしテレビでの通販のプロモーションが安価で出来るなら、行ってみたいと思いますか。」(n=57)と質問したところ、「非常にそう思う」が54.4%、「ややそう思う」が26.3%という回答となった。

効果を期待しつつも費用などが課題

このように勤務先で、食品の通信販売を行っている食品通販会社のマーケティング担当者103名に対し、食品通販のテレビプロモーションに関する意識調査が実施された。

まず、食品通販の運営形態は「自社通販型」が39.9%、「モール出店型」が23.3%、その両方が33.0%という結果になった。また、テレビでの通販のプロモーションに「興味がある」と回答した人は81.5%おり、興味がある理由としては、「多くの人に商品(会社・店舗)を知ってもらえる」が60.7%、「費用対効果が高い」が57.1%となった。また、「魅力が伝わりやすい」、「手軽」などの意見も挙げられた。

一方で、実際にテレビ通販のプロモーションの実施経験を聞いてみたところ、55.3%が「行ったことがない」と回答。その理由としては、「コストが高い」が52.6%、「手間や時間がかかりそう」が50.9%という結果となった。さらに、テレビでの通販プロモーション経験がない人のうち、80.7%がテレビでの通販のプロモーションが安価で出来るなら「行ってみたい」と回答し、予算面が不安材料となっていることが明らかになった。

今回の調査では、認知度向上や費用対効果の面で、多くの企業がテレビでの通販プロモーションに高い関心を寄せているものの、コストが高く、手間がかかるといった点が課題となっていることが浮き彫りとなった。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事