Shopifyアプリ企業アライアンス『App Unity』に『ロジクラ』が参画

ECのミカタ編集部

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、Shopifyプリを提供する企業アライアンス「App Unity」のアプリパートナーとして、株式会社ロジクラ(所在地:東京都新宿区、代表取締役:長浜佑樹、以下「ロジクラ」)が参画したことを公表した。

ロジクラShopifyアプリ

フィードフォースは、国内環境に適合したShopifyアプリを提供する企業アライアンス「App Unity」(以下「App Unity」)のアプリパートナーとして、クラウド在庫管理ソフト「ロジクラ」を提供するロジクラ社が参画したことを公表した。

「ロジクラ」では、2018年3月よりShopifyとのAPI連携を開始し、大規模から中小規模まで様々な小売企業に導入されている。2021年9月には、ShopifyとのAPI連携を手軽に実現できるShopifyアプリがリリースされた。

「ロジクラ」アプリを利用することで、通常注文だけでなく予約注文も含め、Shopifyとの①在庫連携、②注文連携、③出荷連携が可能になった。特に特徴的な機能は以下の3つだ。

◆追跡番号をカメラでスキャンして書き込み

「ロジクラ」のスマホアプリで送り状の追跡番号をカメラでスキャンするだけで、Shopifyの追跡番号を同期して「発送済み」ステータスに追跡番号を上書きする。

◆オムニチャネル販売にも最適

店舗納品や卸出荷など通販以外の出荷時にShopifyの在庫を減らし、在庫切れを防止。店舗POSシステムとの連携でOMOストアの構築も可能だ。

◆24時間365日稼働の通販フルフィルメント「XTORM」と連携

SGホールディングスグループでロジスティクス事業を展開する佐川グローバルロジスティクス株式会社とロジクラが共同運営する24時間365日稼働の国内最速最大級の通販フルフィルメントサービス「XTORM」を、Shopifyと自動連携にて固定費ゼロで利用可能だ。

企業アライアンス「App Unity」

App Unityとは次のようなものだ。世界175カ国で利用数が伸びているShopifyだが、国内においてもマーチャント(事業者)は急増している。

その一方で、国内の商習慣に適合した機能を提供する国産のアプリがまだそれほど多くないことや、複数のアプリを入れた際に、アプリ間の干渉などの調査および解消が、事業主や支援会社の大きな負担になっているなど、アプリに関するいくつかの課題が存在している。

これらの課題の解決を通じて、国内のShopifyのさらなる普及に貢献するため、フィードフォースと、株式会社ハックルベリー(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:安藤 祐輔)、株式会社リワイア(所在地:東京都文京区、代表取締役:岡田吉弘)の3社は、企業アライアンス「App Unity」を設立したのだ。

ロジクラ × App Unity

先述のようにロジクラでは入荷から在庫管理、受注オーダーの自動取り込みから出荷までの全ての物流オペレーションを一括管理することができる。大規模から中小規模まで様々な小売店舗、倉庫にも対応し、マルチチャネルでの物流をサポートするクラウド在庫管理のSaaSとなっている。

大規模から中小規模まで様々な小売企業、倉庫業のマルチチャネルでの物流業務の効率化に強みを持っている。倉庫管理は安定的なネットショップ運営において必要不可欠だ。

その上でロジクラ社は、Shopifyマーチャント(事業者)の成長支援と共に、バックオフィス業務の効率化も支援し、ストア運営をトータルサポートしたいという想いからApp Unityへアプリパートナーとして参画したのだという。

今後、両サービス間で相乗効果を創出し、より多くのオムニチャネル化例を構築していきたいとしており、これからの展開にも注目と言えそうだ。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事