物流倉庫の費用相場。項目や見積もりのポイントは?

ECのミカタ編集部

物流倉庫の外部委託を検討する中で、「費用相場を知りたい」「どのような費用項目があるのか気になる」という担当者もいるのではないだろうか。今回は、「物流倉庫」の委託にかかる費用相場や検討する際に知っておきたいポイントなどを紹介する。費用の仕組みを理解して、自社に最適な物流倉庫の委託先を検討しよう。

目次

●物流倉庫委託にかかる費用
●物流倉庫委託の費用項目と相場
●物流倉庫委託の費用で知っておきたいポイント
●まとめ

物流倉庫委託にかかる費用

物流倉庫とは、商品の仕分けや配送を行う施設のこと。ECビジネスの拡大にともない、「自社倉庫のスペースが足りない」「リソースが不足している」等の理由から、物流倉庫の外部委託を検討している企業もあるだろう。

物流倉庫の委託費用は、「固定費」と「変動費」に分けられる。まずはその詳細について見ていこう。

固定費とは


物流倉庫における固定費とは、梱包方法や出荷量にかかわらず、定期的に支払う必要のある費用のこと。契約時に決定し、サービスを利用する限りは、月額などで支払い続けるのが一般的だ。固定費の内訳としては、「システム利用料」「業務管理料」「倉庫保管料」などが挙げられる。

変動費とは


変動費は、取り扱う商品や出荷量などに応じて変動する費用を指す。実際に商品を動かす際にかかる費用で、「入庫料」や「デバンニング料」「検品料」などが個別に設定されているケースが多い。物流会社によっては、費用を把握しやすいよう、パッケージ化したプランを用意しているところもある。


物流倉庫委託の費用項目と相場

つづいて、上記で述べた固定費と変動費について、その内訳と費用相場を見ていこう。

システム利用料


システム利用料とは、物流業務全般を管理するシステム(以下、WMS)の利用料金だ。WMSによって、荷物の種類や個数、入荷日時や出荷予定日など、倉庫作業に必要な情報の収集や出力が行われる。近年では、低コストで運用可能な「クラウド型システム」を採用している物流倉庫が増えている。

業務管理料


業務管理料とは、商品管理に必要となる費用で、通常、システム利用料とは別に発生する。毎月の出荷件数に応じて金額が決められるのが一般的だが、商品の取扱量に応じて割引を設定している物流倉庫もある。

倉庫保管料


倉庫保管料とは、倉庫内の保管スペースにかかる利用料のことだ。貸出の単位は、「1坪」や「1パレット」「1ラック」など委託会社によって異なる。さらに、冷蔵・冷凍商品など保管時に「温度管理」が必要な場合は、別途電気代として追加費用が必要となるケースも多い。

デバンニング料


デバンニング料とは、フォークリフトを使ってコンテナから荷物を降ろす作業にかかる費用のこと。安全面への配慮など、相応の経験や技術を必要とする作業のため、入庫料とは別に計上されるのが一般的だ。

入庫料


入庫料とは、荷物の仕分けや入庫にかかる費用を指す。段ボールやパレットなど、入荷形態によって料金が変動する。小さな商品を扱う場合は、ケース単位で料金設定されている場合もあるだろう。

検品料


検品料とは、入庫した商品の検品にかかる費用のこと。検品内容によって費用は変動するが、数量チェックのみであれば1個あたり10~30円程度が相場だ。動作確認など、さらに作業を要する場合は1個あたり80~200円かかることもある。

出荷・ピッキング料


出荷・ピッキング料とは、出荷時に、保管していた商品を倉庫から取り出す際の作業費を指す。物流倉庫によっては、梱包・流通加工料に含まれる場合もあるだろう。チラシや挨拶状を商品に同封する場合は、その分費用が上乗せされることを覚えておこう。

梱包・流通加工料


梱包・流通加工料とは、注文の入った荷物を梱包して、発送業者に引き渡す作業にかかる費用のこと。送り状や納品書などの発行費用は、通常、この費用に含まれているケースが多い。のしなどギフト用の梱包が必要な場合は、内容に応じて別途見積もりが必要となることが大半だ。

配送料


配送料とは、荷物を依頼主に届ける費用で、通常は物流会社を経由し、運送会社に支払われる。一般的なサイズの段ボールだと、首都圏で400~500円、北海道・沖縄は700~800円、離島となると1,000円からが相場だ。多くの物流会社は大手運送会社と割引契約を結んでおり、自社から直送するよりは安く費用を抑えられるだろう。


物流倉庫委託の費用で知っておきたいポイント

物流倉庫の委託費用は、上記で述べた項目以外に、さまざまな要因が関係して決定する。委託費用について知っておくとよいポイントを紹介する。

物流倉庫の価格差は「倉庫保管料」から生まれる


物流倉庫の費用に差が出る要因として、「倉庫スペースの利用料金」が挙げられる。地方に倉庫を持つ物流会社の場合、首都圏に比べて倉庫保管料は格安となる場合が多いだろう。

その他の費用は物流会社によって大きな違いがないため、費用を抑えたい場合は、倉庫保管料の安い物流会社を検討するのがオススメだ。ただし、発送先が遠くなり発送料が高額となるケースもあるため、全体的なコストバランスを見て検討するようにしたい。

扱う商品によって費用相場は異なる


取り扱う商品の種類によって、費用相場が異なることも理解しておこう。あらかじめパッケージングされているものが多い健康食品や化粧品は、ピッキングや検品の手間がかからないため費用相場はやや安めだ。反対に、取り違えや紛失の起こりやすいファッション雑貨などは、検品や梱包に手間がかかるため、1個あたりの費用が高くなってしまうことを理解しておきたい。

委託費用は時期やタイミングによっても変動する


委託費用は年間を通じて同じとは限らない。例えば、ECサイトがセールを行っている期間は割高となることが多いだろう。このほか、中国の旧正月である「春節」の時期は、一週間以上にわたり中国の製造元が稼働を止めるため、前倒しで12月から1月の流通量が増える。

これらの要因により、当該時期の出荷や配送費用は高くなる傾向にあることを把握しておこう。委託検討時にはどのようなタイミングで値段が変動するのかを物流会社に確認しておくのがオススメだ。


まとめ

物流倉庫を外部委託する場合の費用相場や内訳などを紹介した。委託費用のうち変動費は、取り扱う商品の種類や量によって金額が変わるため、見積もりを取って費用対効果を検証することが大切だ。さまざまな物流倉庫サービスを比較して、自社にピッタリの委託先を検討しよう。

関連記事:物流会社とは? おすすめ会社から選び方を解説

EC専門の物流倉庫への委託先選定はECのミカタへ

ECのミカタが運営する物流倉庫会社様とのマッチングサービスです。ECサイトに特化したメディアを運営する専門コンシェルジュが、丁寧なヒアリングを行った上で、最適な企業をご紹介します。

そのため物流倉庫についての知識が全くなくても、マッチ度の高いパートナーさんと出会うことが可能です。希望する会社が決定すれば、最短1営業日で企業との商談のセッティングを行います。商談日や商談方法だけでなく、断りの依頼も全てコンシェルジュに任せることができるため、じっくり選定に時間をかけることが可能です。

物流倉庫の無料ご紹介の問合せはこちらから
https://ecnomikata.com/lp/butsuryusouko/


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事