FrancfrancオンラインショップがShopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」を導入、ID連携によるLINE活用を加速

ECのミカタ編集部

株式会社ソーシャルPLUS(所在地:東京都文京区、代表取締役:岡田風早)は、同社が提供するShopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」が、株式会社Francfrancの「Francfrancオンラインショップ」に導入されたと発表した。

これにより、LINEログインの活用やID連携(会員IDとLINEのIDの紐づけ)を促進することで、再入荷通知をLINEでも受け取れるようになる等、LINE公式アカウントを通じたFranfrancオンラインショップでの買い物がさらに便利になった。

LINEログインで、LINEからの買い物がスムーズに

「CRM PLUS on LINE」の導入により、LINE公式アカウントで届いたメッセージやリッチメニューから1タップでログインできるようになった。

これにより、「Francfrancオンラインショップ」では、買い物時に個別のID・パスワードを入力する手間がなくなり、LINE経由でのよりスムーズな買い物が実現した。

今後は新規会員登録導線にもLINEログインを導入することで、新規会員登録時の手間を削減しながら、EC・実店舗共に友だち追加とID連携を促進する予定だという。

購買データに基づいたセグメント配信

ID連携を活かすことにより、過去の購買傾向などの情報をもとにメッセージの出し分けができるようになる。

これにより、ユーザーにとって受け取るメリットの大きいメッセージを配信しながら、企業のLINE公式アカウントの通数課金を抑えることが可能となる。

◆実施予定のセグメント配信イメージ
・過去購入品の新作案内や値下げ情報の配信
・好みのテイストや購買行動をもとに、商品やキャンペーンを案内

再入荷通知をLINEで配信

ユーザーがオンラインショップで完売になった商品のお知らせ配信を登録すると、再入荷時にLINEでも通知を受け取ることができる。

これにより、LINEを日常的に使うユーザーはいち早く再入荷に気づき、欲しかった商品を購入できるようになる。

顧客データを活用しながら1人ひとりに合わせた配信へ

「CRM PLUS on LINE」の導入に関し、Francfrancは以下のコメントを寄せている。

「購買活動のオンライン化が進む中、LINE公式アカウントを通じたお買い物をもっと便利にするため、Shopifyアプリ『CRM PLUS on LINE』を導入しました。お客様の属性、購買履歴などのデータを活用しながら、1人ひとりのニーズ合わせた配信を行うことでリピート率の向上を図りたく、Shopifyの顧客情報を基にOne to One配信を行うことができるところが魅力的でした」

いまやLINE公式アカウントの活用は、EC売上全体やリピート率に大きく影響する施策となっており、LINE活用はECビジネスにおけるマーケティングキーワードのひとつとなっている。

LINE公式アカウントを活用するにあたっては、LINEを活用したマーケティング戦略の立案や、ターゲットのセグメンテーション、コンテンツ企画などが重要だが、「CRM PLUS on LINE」のようなツールを導入し、ユーザビリティーを高めることで、より早期に効果の出るLINE活用ができるだろう。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事