株式会社STORY、作り手がみえる通販サイト「STORY PLANET」をリリース

ECのミカタ編集部

ストーリーマーケティングを中心に行う株式会社STORY(本社:大阪北区国分寺 / 代表:杉山文康)は、ただ購入するだけではなくWeb上での買い物を通じて”新しいなにか”と出会うことをコンセプトとした、作り手がみえるECサイト「STORY PLANET(ストーリープラネット)」を正式リリースした。

作り手がみえるECサイト

「STORY PLANET」は、コロナ禍で「ウィンドウショッピングでの、”モノや人との思いがけない新しい出会い”」が減ってしまったことに着目し、オンラインで作り手の背景や商品開発の裏側など、「その商品にまつわるストーリー」を詳しく紹介し販売する「作り手がみえるECサイト」だ。

ただ購入するだけで終わるのではなく、サイト内を冒険するような感覚で回遊を促し、作り手のファンになってもらうことで、購入後も商品を通じてさまざまな体験や経験につなげていただくフローを目指しているという。

ポイントが付与されるクイズでサイト内の回遊を促進

ウィンドウショッピングのように、楽しみながらサイト内の回遊を促すため、各ショップのページには、スクロールするたびに現れるクイズを用意。クイズの内容は、商品開発に関することや、商品への思い、作り手自身のことなど多岐にわたる。クイズに答えるとユーザーにポイントが配布され、商品購入の際に使用できる仕組みだ。

また、各商品に対してしっかりとした特集ページを組むことで、より作り手への理解と好感を深めてもらえる仕様にしている。

目標は「作り手・商品のファンになってもらう」こと

同社はサイトの目標として、「STORY PLANET」を通して商品を購入することで、作り手・商品のファンになってもらうことを掲げている。商品の直売所などがある場合は、現地での購買も促したい考えだ。

ただたくさん売れるものだけを紹介するのではなく、本当に良いと感じたものを世の中に広めたいという同社の考えに賛同する事業者は、初年度のページ制作費用を同社負担にて商品掲載ができるという(掲載組数限定、審査あり)。

今後も取り扱い商品を拡充予定

現在「STORY PLANET」では、同社の想いに賛同した2組の事業者の商品を紹介・販売している。今後は、非常食としても活用できる燻製たまごの販売や、染物の販売も予定しているそうだ。

・水なす「永徳園(えいとくえん)」
https://story-pla.net/eitokuen
岸和田で「安全、安心、感動する水なす」を中心に栽培。パワフルな人柄の永本氏が栽培する水なすは、三つ星料亭からも注文が入るほどの”一流の水なす”だという。

・スポーツてぬぐい「CHAORAS」
https://story-pla.net/chaoras
「CHAORAS」は、日本の伝統的なモノづくりから生み出されるモノのよさを、新しいアイデアと技術で現代にマッチさせ、次世代につながる「てぬぐい作り」にチャレンジするブランド。実用性とデザイン性を兼ね備えたアイテムを届けることで、市場の活性化と、人々の笑顔や元気を生み出すことを目指している。

近年、共感型消費が注目され、商品や生産者の「ストーリー」を伝える取り組みが広がりつつある。その中でも「STORY PLANET」は、しっかりと情報量を担保しつつも、イラストや写真を多用したり、ユーモアを交えたりすることで「ECサイトで楽しく・わかりやすくストーリーを伝える」ことにおいて、一歩踏み込んだ取り組みを行っている。

「STORY PLANET」で紹介されるストーリーを起点に、共感の輪やファンの輪が広がっていくことを期待したい。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事